情報商材の「実績」はアテになるのか?



太田です。



ネットを見て回っているとアフィリエイト・せどり・輸出入転売・情報販売と言ったネットビジネスに限らず、FXなどの投資なども含め、

「年収●億円」
「●年で●億円」
「●億円プレイヤー」


といった圧倒的な実績を掲げているアフィリエイターさん、せどり転売ヤーさん、インフォプレナーさん等がゴロゴロしています。

もはや、年収数百万程度の実績では相手にすらされないような風潮さえあるくらいじゃないでしょうか(苦笑)。



ただ、そういった圧倒的な実績を掲げている彼等が

本当にその様なキャッシュを手に入れ、誰もがうらやむような生活を送っているのか?

今日は、そんな誰しもが一度は抱くであろう素朴な疑問について、その真実をお伝えしたいと思います。

それでは早速、いってみましょう。



この業界の成功者は本当に「億」というキャッシュを稼いでいるのか?



まずはじめに、その結論的な私の見解を端的に述べてしまえば、

「その大半は言ってるだけ」

という一言に集約されてしまいます。

まさに、

「言ったもん勝ちのなんちゃって成功者」

という言葉が見事に当てはまるのが、この情報商材業界に大勢いる「自称成功者」の実態なわけです。



結局のところ、それが真っ赤なウソだろうが、ただのでっち上げだろうが、

数十人に1人、数百人に1人、たとえ数千人に1人でもその実績を信じてくれる人が出てくれば彼等にとっては「御の字」なのです。



つまり、この業界では情報を販売しているインフォプレナーさんにしろ、それを紹介しているアフィリエイターさんにしろ、その他立場は違えど、そういった肩書きを書いて

「稼いでいるふり」

をしておくことに越したことはないという風潮が少なからずあるわけですね。

逆を言えば、そういった肩書きの真相を確かめる術がないこともわかった上で、でっち上げの実績を語っていると言うことになろうかと思います。



事実、実際に稼いでいようが稼いでいまいが、

「●億円稼いだ。」

と大々的に掲げておけば、その言葉を真に受けて信用してくれる人が出てくるものなんですね。

更には、その見せかけの実績に吊られて、まんまとお金を支払ってしまう始末。



そんな状況を観ていれば、

「とりあえず自分も●億円稼いだと言っておこう。」

と短絡的に考えるインフォプレナーさんやアフィリエイターさんがいても何ら不思議ではありません。



ただでさえ胡散臭いこの業界において、もはや真実すらも「嘘」ではないかと感じてしまう位、

「売上を上げるためなら嘘をついても構わない。」

的な雰囲気が蔓延してしまっているように思います。



更に言えば、与沢翼さんと供に一世を風靡した動画を使ったプロダクトローンチに顔出しで登場し、大嘘をつくような人が未だに後を絶ちません。

その背景にあるのは、

「まさか素顔を晒してまで嘘はつかないだろう。」

という消費者心理につけ込んでいるのに間違いありません。



もはや、

「言わなきゃ損」

とばかりに、ほぼ全ての動画で当たり前のように嘘が飛び交っているのです。

結局、彼等詐欺師達は、それでたとえ1人でも2人でもその話を信じてくれる人がでてきてくれるなら、引いてはそこから高額な商品を購入してくれる人が現れるなら喜んで動画に顔を出し、平気で嘘をつくわけです。



ただ、最近は、そういったマーケティング戦略も失敗に終わるケースが増えていますから、そんな素顔を晒すような行為は、大したお金にならないどころか下手をしたら一生、インターネット上に汚点を残すだけに終わるリスクもあるわけです。

まさに「厚顔無恥」という言葉以外、私には適切な言葉が思い浮かびません。



無論、そういった圧倒的な実績を謳っている人達の中に、本当に稼ぎ続けている人が0(ゼロ)だとは言いません。

ただ、「言ったもん勝ち」という風潮があるこの業界の実情を考えると、もはや「年収●億円」と言った肩書きは全て信用しない方が身のためです。



つまり、そういった実績をその人の信用度を推し測るバロメーターにすべきではなく、むしろそういった情報を一切排除した上で、先入観を持たずフラットな目線から彼等の主張する話に耳を傾けるべきだということです。

事実、リアルビジネスで成功している本物の起業家さん達で自分達の作る商品や提供するサービスを差し置いて、「いくら稼いでいるか?」とか「私生活」ばかりをアピールするような人はいません。

もし、本当に実力がある人であれば、そういった実績云々関係なくしっかりとした価値ある情報を提供してくれるはずですからね。



ただ、残念ながらこの業界でそういった実績という着ぐるみを剥がしてしまうと、ただのホラ吹きだったという人が大半というのが実態なわけですが(苦笑)。

要するに、「これだけ稼いでいます!」という点以外、主張している話に中身が伴わない様な人物は信用するに値しないと言うことです。



起業家が主張する実績の真偽を判断する方法



ただ、それでも

「その人物の実績が本物なのか。」

その真偽を確かめたいと思うのが、人情だと思います。



これから、それを確かめる確固たる証拠についてお話していきますが、その前に肝に銘じておいて頂きたいことがあります。

それは、

「たとえその実績が本当であったとしても、それでもなお、その人物の信用度を推し測るバロメーターにすべきではない。」

ということです。



例えば、全盛期の与沢翼さん。

彼が大金を稼いでいたことは、まず間違いないでしょう。

そんな彼が確固たる証拠を提示し、その収入を証明したとして、あなたは彼自身を信用できますでしょうか?

少なくとも私は「出来ません。」ね。

何せ、あれだけ「あなたを稼がせます。」と言って多くの人から大金を巻き上げておきながら、ほぼ成功者を出すことが出来なかったわけですから。



また、

「名選手、必ずしも名監督にあらず。」

と言われる通り、実力があっても人を指導する能力は別なわけですし。



以上のことを踏まえた上で、

「実績を証明するにたらない証拠」

逆に

「実績を証明する確固たる証拠」

について確認していきましょう。



実績を証明するにたらない証拠



まず、実際にその証明として何かしらの動画や画像等を公開しているインフォプレナーさんやアフィリエイターさんも多くいます。

しかし、その動画や画像等が必ずしもその人物の実績を裏付けるものではないことは、言うまでもないでしょう。

その代表例が、

・現金
・預金通帳
・高級マンション・高級車・高級装飾品等
・アフィリエイト報酬等の画面


といった類の画像や動画です。



実際、その実績を証明する証拠として、この手のものを掲示しているセールスレターや無料オプトインオファーの動画は多いと思います。

ただ、これらについては身内や知り合いに持っている人がいれば、借りることが出来てしまいます。

まあ、そういった直接借りる相手がいなくても、今どきはそういったものを用意してくれる業者も普通に存在していますからね。



また、預金通帳やアフィリエイト報酬等の画面キャプチャに至っては画像編集でいくらでも「捏造」出来てしまいますから、実質的になんのアテにもならないことは明白です。

つまり、

・現金
・預金通帳
・高級マンション・高級車・高級装飾品等
・アフィリエイト報酬等の画面


といった類の画像や動画は、その人物が実際に稼いでいるという

「確固たる証拠にはなり得ない。」

わけで、ましてやその信用度を表すものではありません。



実績を証明する確固たる証拠



では、その逆で

「その確固たる証明となり得るもの。」

が何かとなると、

・所得証明書
・納税証明書
・課税証明書


といった、言うまでもなく

「公的機関が発行する証明書」

です。

そして、これ以上に信用度の高いものは存在しないと言えるでしょう。

事実、こういった証明書は離婚調停などの際に、相手の収入を確認するために使われるくらいですからね。



あるいは、

「そういった類の書類を第3者に開示したことを客観的に証明できるもの」

が、それに準ずる証拠としてあげられます。



無論、そういった類の書類も「捏造」することは可能です。

ただ、公的機関が発行する証明書を捏造し、ましてやそれをインターネット上や第3者に公開することは、まさに詐欺行為の証拠を自ら拡散する様なもの。

そもそも、そういったものを「捏造」した時点で「公文書偽造」にも問われるわけですから、その確固たる証拠となるような画像をネット上に残すような行いは自らその逃げ道を塞いでいるようなものです。



文字通り「墓穴を掘る」とはこのことですから、そんなバカは普通いませんよね?

実際、詐欺を働くような人は、何かあったときにそれが本当に詐欺かどうか、その判断が難しい状況、つまり逃げ道を作っておくものなんですよ。



逆を言えば、最も信用度の高い


・公的機関が発行する証明書(所得証明書・納税証明書・課税証明書)
・そういった類の書類を第3者に開示したことを客観的に証明できるもの


このいずれか「たった1つ」をセールスレターなりブログなりに貼り付けるだけで、自分自身の「億」という収入を証明する確固たる証拠を示せるわけです。

にも関わらず、あれだけ「億を稼いでいる!」と主張している人がたくさんいるわりに、それらを開示している人は「ほぼ」いないんですよね。

私から言わせれば、現金を用意したり、高級マンションで美女をはべらかし、高級車を乗り回す茶番劇を撮影する方が、よっぽど大変だと思いますけどね(笑)。



本当に「億」というキャッシュを稼いでいる本物の起業家



実際、そういった確固たる証拠を明示した上で、自分自身の「億」という圧倒的な収入を証明している人物のうち、私自身がその目でそれを確認出来たのは、下記の3名だけです。

・川島和正さん
・尾島幸仁さん
・宇崎恵吾さんとその師匠



尚、川島和正さんは、ご自身のブログやメルマガでその実績を公開されていました。

また、尾島幸仁さんもご自身のブログで、過去数年分の所得証明書等を公開されています。

http://webconsulting-ojima.net/?p=20#a1



最後、宇崎恵吾さんは前述のお二人とは違い、直接そのブログなりメルマガでそれを公開しているわけではなく、ご自身の販売する情報商材「The Million Writing」のインフォトップへの登録に際し、その師匠である人物の年収5億円という実績を証明するために、公的書類を提出しています。

つまり、「そういったものを第3者に開示した」という客観的事実を示すことで、間接的にその実績を証明しているわけですね。



尚、その辺りの経緯については、同氏が販売する情報商材「The Copyrighting Affiriate」のセールスレターでもeメールのキャプチャ付きで紹介されていますので、間違いありません。

http://copyrighting-supremeprinciple.net/afili/afilt.html

少なくとも、嘘偽りがあればこのセールスレターがインフォトップの審査を通るはずもありませんので。



この他、菅野一勢さんもご自身の販売する情報商材のセールスレターでそういったものを公開されていたそうですが、私は直接この目でみたことはありませんので、ここでの言及は差し控えたいと思います。

まあ、いずれにしても、あれだけ「億を稼いでいる!」と豪語している人がたくさんいるにも関わらず、片手で数えられるほどしか、それを証明する確固たる証拠を示していないわけです。



本来、「億を稼いでいる!」と豪語し、ましてやそれをセールスレター等における集客のネタにするのであれば、最低でもそれを証明できる確固たる証拠を示す責務があると思いませんか?

少なくとも、私はそう思いますけどね。



勿論、彼等のように確固たる証拠を示していないようなその他大勢の中にも、それらを開示していないというだけで、本当に稼いでいる人がいる可能性は十分にあります。

なので、あなたがどうしてもその実績を確かめたければ、前述した様な証拠の開示を求めてみても良いかもしれません。

「●億円稼がれているそうですが、何か公的機関の発行する証明書を示してください。でなければ●●さんの言うことを信用できません!」

と言った具合ですね。



まあ、大半のインフォプレナーさんやアフィリエイターさんは、黙りを決め込むか、なんだかんだと理由を付けて断ってくるのは目に見えていますが(苦笑)。

結局のところ、この業界内で実際に「億」という収入を得ている人物は極少だと言うことです。

要するに、「億を稼いでいる!」と吹聴しているその大半は「言ってるだけ」だと思って下さい。



「年収」?「年商」?数字のマジックに騙されることなかれ



また、そういった「捏造」とは違いますが、

「年商」

という数字のマジックで、収入を誤魔化しているパターンもありますので、注意が必要です。



純粋に「収入」といえば、「年商(売上)」から必要な経費等を差し引いて手元に残る金額ですから、極端な話、売上が1億円あったとしても経費で9千万使ってしまえば、稼ぎは1千万円ということになってしまうからです。

実際、動画を使った「プロダクトローンチ」など大々的なマーケティングを仕掛けた場合、無料オプトインオファーの段階で莫大なプロモーション費用が経費として掛かってくるわけですから、

「年商1億円」

といった実績を謳われたところで、その実態は分からないわけです。

事実、最近はこの手のマーケティング戦略も乱発されすぎたせいか、「失敗」に終わるケースも増えてきたようですからね。



つまり、1億円という売上の影で、数千万円というプロモーション費を投じていて、その他、もろもろ経費を差し引いたら手元に残ったのはスズメの涙か、下手をしたら赤字ということも十分にあり得るということです。

また、せどり・転売に代表される物販系ビジネスで稼いでいると豪語している起業家さんもこの「年商」をウリにする傾向がありますが、本来これも仕入れ代金などの経費を差し引いた利益が重要なことは言うまでもありません。

だから、彼等は「収入」を明かすことが出来ないのです。

よって、その実績を「年商」で謳っている場合も、その数字は全くアテにならないと思って下さい。



彼等が●億円プレイヤーを演じる本当の理由



では、なぜ彼等が嘘をついたり、誤魔化してまで「稼いでいるふり」をするのか。

それは、他でもなく冒頭でも述べた通り、

「そういったなんの根拠もない実績を鵜呑みにして、自分達の販売する高額塾などに大金を落としてくれる有難いお客さんがいるから。」

に他ならないわけです。



逆を言えば、それをやめてしまえば他に強いてアピール出来るような実力もないような人達なわけですから、「稼いでいるふり」を続けるしかない。

まさに、嘘に嘘の上塗りをすることでしか日々の食いぶちすら稼げないのです。



実力のないものが、更に実力のないものからお金を巻き上げる空虚なビジネスで成り立っているのが、この業界の真実なんです。



無論、逆にその話を証明する証拠があるわけではありません。

ただ、

「どうして、たった1つの公的証明書を提示するだけで確固たる信用を得られるのに、大半の起業家が開示しないのか。」

ということを冷静に考えられる人であれば、私の推測もあながち的外れなものではないということはご理解頂けると思います。



そのような業界で活動する空虚な起業家が公開しているノウハウや教材にその金額に見合うだけの価値があるのか。

もはや、言うまでもないと思います。

そういった不毛な負の連鎖に付き合ったところで、なんの生産性もないことは明かではないでしょうか。



だからこそ、確固たる実力と指導力を持った本物の起業家を見極め、そういう人物からビジネスや本質的なノウハウ・スキルを学ぶことをオススメします。

それにはまず、

「見せかけの実績に踊らされないこと。」

これを肝に銘じて下さいね。



それでは、太田でした。



コメントを残す

サブコンテンツ

profile

管理人

name:太田憲一
都内近郊在住、一部上場企業勤務。二児の父親、40代。ふつーのサラリーマンです。

このページの先頭へ