『中古車輸出業の実務講座』三橋宣男氏(横浜貿易株式会社) レビュー

151205 095845


太田です。



これまで、『中古車の転売講座』として「国内完結型」中古車転売と「輸出型」中古車転売の魅力ならびにその特徴や流れをお伝えしてきました。

まだ、お読みになっていない方は、コチラからどうぞ。

>中古車の転売講座



特に、「輸出型」中古車転売であれば、自己資金0(ゼロ)、車の保管場所である駐車場や管理手間不要、その他、関連知識がなくても始められることは、これまでにお伝えしたとおりです。

要するに、正真正銘0(ゼロ)から中古車転売をスタート出来ると言うことですね。

つまり、私の様な忙しいサラリーマンであろうが、「やる気」さえあれば、実質的に誰でも中古車販売を始められてしまうわけです。



その理由を簡単におさらいすると、「輸出型」中古車転売は、

・注文後、代金を受け取ってから、それを元手に中古車を仕入れていく。
・仕入れ先から直接、業者を介して海外へ輸出していく。


という流れが一般的なビジネスモデルだからです。

ですので、

「海外バイヤーからの注文さえ受けることが出来れば」

商品代金や輸出に掛かる諸経費等を含めて、先に「売買に必要なお金全額」を受け取ることが出来ます。

そして、その金額内で利益を見込めて、先方の条件に見合う中古車を見つけてくることさえ出来れば、その差額がまるまる自分の儲けになるわけですから、実質的に自己資金は不要なわけですね。

また、仕入れた中古車はそのまま輸出業者へ直送し、諸手続を経て海外バイヤーの元へ船に乗って出航していきますので、当然、自分で車両を保管する必要がないわけですから、駐車場等も不要だということです。

つまり、自己資金も商品の保管場所である駐車場すらいらないわけですから、これ以上に

「ローリスクな物販系ビジネス」

が、あるでしょうか?

少なくとも、私はそんなせどり・転売ノウハウは、片手で数えられるほどしか知りません。



更に、多くの人が「輸出」すなわち海外を相手にビジネスを行うと聞くと、ご自身の語学力(主に英語)を心配されます。

しかし、海外バイヤーとのやり取りは基本「メール」になりますから、これも今のご時世、ICTの普及により翻訳サイトを活用して翻訳し内容を確認後、今度は同様に日本語で作成した文章から翻訳、返信していけば用件はほぼ済んでしまいます。

そもそも、中古車の売買交渉に必要な単語や用語は、ある程度限られていますから、その要点さえ押さえてしまえばほぼ問題ないわけです。



ですので、強いて「輸出型」中古車転売の懸念点をあげるとすれば、

「どうやって海外バイヤーから注文を受けるか。」

だと思います。

まあ、ネットビジネスにしろリアルビジネスにしろ、そういった顧客を見つけるといった、いわば「集客」「営業」的な部分がある意味、一番大変なわけですからね。

特に、この中古車の輸出ビジネス様な「業務請負」的な仕事の場合、兎にも角にも、お客さんがいないことには始まりませんので。



逆に、その懸念点さえクリアに出来れば、中古車の輸出転売は、

「注文を受けたら中古車を仕入れては、輸出していく。」

という流れを繰り返していけば、面白いように稼ぐことが可能になります。



そして、その「輸出型」中古車転売の根本的な懸念点である「海外バイヤー」の問題を含めて、その他、必要な環境の全てを揃えてくれるのが、三橋宣男さんが主催するコチラの講座になります。

>『中古車輸出業の実務講座』三橋宣男氏(横浜貿易株式会社)



『中古車輸出業の実務講座』三橋宣男氏(横浜貿易株式会社) レビュー



これまでの『中古車転売講座』でもお伝えしてきたとおり、私は別のビジネスでお世話になっている方から、この中古車転売ビジネスを教えてもらいました。



今日、ご紹介している三橋宣男さんの『中古車輸出業の実務講座』では、前述した通り、中古車を輸出転売していく際の根本的ともいえるハードルである「海外バイヤー」の問題をきれいさっぱり解決してくれるサービスを「受講者限定」で提供してくれています。

私の師匠も実際にこのサービスを利用し、中古車の輸出転売を行っているんですね。



そのサービスの具体的な内容ですが、

「既に開拓されたルートをそのまま提供してくれる。」

というものになります。



要するに、自分で海外バイヤーを開拓せずとも中古車売買の依頼を受注する事が可能なわけです。

つまり、中古車の輸出転売を始めて行くにあたり、

「これ以上、手っ取り早いサービスは無い。」

と言えると思います。



そして、そういった中古車輸出転売に必要な様々なサービスを提供してもらえるだけでなく、そのイロハから学ぶことが出来る教材一式も当然セットになっているのが、この『中古車輸出業の実務講座』なのです。



もちろん、そのサービスを使って経験を積んでいきながら

「自力で海外バイヤーを開拓していくノウハウ」

も、学ぶことが出来る様になっていますし、受講期間終了後も有料ですが、そういったサービスだけを引き続き提供してもらうことも可能になっています。



そんな『中古車輸出業の実務講座』を主催されている

「三橋宣男」さん

ですが、その販売元である横浜貿易株式会社という貿易会社の代表を務められています。

そして、何を隠そうこの業界では知る人ぞ知る中古車輸出業の第一人者でもあるのです。



その実績としては、横浜貿易株式会社として25年間、中古車輸出業に関わってこられ、そのノウハウを元に後進育成の為に始められたこの『中古車輸出業の実務講座』も、講座開始から2014年までの15年間で延べ1,000人以上の受講生を指導されています。

それだけ長いキャリアと実績があるからこそ、15年という長い間、この『中古車輸出業の実務講座』が支持され続けているわけです。

要は、それだけ多くの中古車の輸出転売ヤーがこの講座でノウハウを学び、そのキャリアをスタートさせているという事ですね。



ちなみに、私の師匠は元々、半分趣味で「国内完結型」つまり国内で中古車を仕入れ、国内のみで転売を行っていたそうです。

その後、知人の紹介で三橋宣男さんと知り合ったのがきっかけで、この『中古車輸出業の実務講座』を受講し、輸出転売も始めていったのだとか。

そうやって、今では中古車の国内転売と輸出転売だけでも年商2億円、月に数百万円を稼ぐまでになったわけですね。



そんな師匠曰く、

「中古車転売ビジネスは、中古車のせどり感覚」

だそうで、

「ただ単純に安く仕入れて、高く売るだけ」

らしいです。



更には、自分の好きな車を仕入れて自由に乗り回し、飽きたら転売していくというカーライフを満喫しながら、楽しく稼いでいることはこれまでも述べてきた通りです。



私は、そんな師匠に別のビジネスでもお世話になっているわけですが、中古車転売が堅実に稼げることは間違いありません。



リスクが限りなく「0(ゼロ)」な物販系ビジネス



私が、リスクを限りなく「0(ゼロ)」に抑えて取り組めるせどり・転売ノウハウとして、もう一つオススメしているものに、せどりエイターれお☆さんの次世代せどり・転売メソッド「せどりインサイダー」があります。

コチラですね。

>次世代せどり・転売メソッド「せどりインサイダー」 レビュー(準備中)

尚、物販系ビジネスのリスクについてはコチラの記事も参照してみて下さい。

>リスクが「0(ゼロ)」の物販系ビジネスは存在するのか?



ちなみに、れお☆さんはインフォプレナー兼アフィリエイターとしても活躍されていていますが、ご自身のプレミアCDのノウハウを使って2,000万円位の資金を回し、利益率5〜10%、月収で100〜200万円を稼いでいらっしゃいます。

「せどり・転売」で実績を積んでインフォプレナーに転身した人は割とよく見かけますが、その大半は既に自分自身で「せどり・転売」を行っておらず、そのノウハウを売って稼いでいるケースがほとんどです。

そんな中、れお☆さんは今も「現役」で、自らプレミアCDのせどり・転売を実践されており、その作業場や実績を公開されています。

つまり、数少ない本物の「せどらー」なわけですね。

そして、そんなれお☆さんもオススメしているのが、今回紹介している「三橋宣男」さんの『中古車輸出業の実務講座』なんです。

実際、れお☆さんもこの中古車転売ビジネスで一月に100万円程度の利益をあげていらっしゃるそうですので。



いずれにしても、車好きの人等にはたまらないノウハウだと思いますので、中古車転売ビジネスに興味があれば、是非、セールスレターだけでも読んでみて下さい。

>『中古車輸出業の実務講座』三橋宣男氏(横浜貿易株式会社)



『中古車輸出業の実務講座』太田憲一【オリジナル特典】



準備中



それでは、太田でした。



コメントを残す

サブコンテンツ

profile

管理人

name:太田憲一
都内近郊在住、一部上場企業勤務。二児の父親、40代。ふつーのサラリーマンです。

このページの先頭へ