「中古車転売ビジネス」は誰でもはじめられるのか?稼げるのか?



太田です。



このブログのプロフィールをご覧になって頂ければわかるように、私はサラリーマンとしての本業とは別に、副業としてネットビジネスと投資を行っています。

その副業であるネットビジネスでお世話になっている、ある方から話を聞いたのがきっかけで興味を持ったのが、今日ご紹介する「中古車転売」になります。



ちなみに、私に「中古車転売」を教えてくれたその方は、自分が好きな車を数台仕入れ、それを乗り回して飽きたら転売し、そして新たに車を仕入れる・・・といった感じで年商2億円、月に数百万円を稼がれています。

尚、その方ご自身も完全な独学で「中古車転売」を始めたのではなく、実際に稼いでいる人から教えてもらい、そのノウハウを使って半分趣味のノリで「年商2億円」を売り上げるまでになったそうです(笑)。



ここで、普通の人の感覚からすれば、

「半分趣味で中古車を転売して、稼げるなんて羨ましい!」

といった感じじゃないでしょうか。



私も実際にそう思ったのですが、その方に言わせると

「中古車転売なんて、やろうと思えば誰でも始められますよ。」

というビジネスらしいのです。



ここで、あなたが一般的な常識人であれば、

「いやいや、誰でもは言い過ぎでしょ!」

と、突っ込みを入れたくなったんじゃないでしょうか(笑)。



まあ、私自身もはじめてその話を聞いたときはそう思ったので、あなたがそう思うのも無理はありませんし、むしろそれが普通の感覚だと思います。

しかし、実際には「意欲」さえあれば、あなたも中古車転売をそれこそ0(ゼロ)からでもスタートできてしまうのです。



実はサラリーマンでも副業として始められる「中古車転売ビジネス」



とは言え、やはり「中古車転売」となると大多数の人は、もの凄くハードルが高いビジネスだと思われるのではないでしょうか。

つまり、中古とはいえ世間一般的には「高額」というイメージのある車を商品として扱っていく以上、

「誰も彼も実践出来る様なビジネスモデルでは無い。」

と考えるのだと思います。



その為、「中古車転売」と聞くと

・仕入れるのに豊富な資金が必要
・仕入れた車両の保管に広い駐車場が必要
・車についてはもとよりカスタムや整備の知識が必要
・名義の書き換えや面倒な手続きが必要
・特別な資格が必要


と言ったイメージを持たれる方が大半ではないでしょうか?



しかし、こういった外部から見たイメージというのは、「中古車転売」に限らず、実際にそのビジネスで稼いでいる人からすれば、得てしてただの「先入観」に過ぎない場合が多いのです。

つまり、「中古車転売」に関していえば、

・まとまった資金がなくても
・車両を保管できる広い駐車場がなくても
・車やそのカスタム、整備の知識がなくても
・名義の書き換えや諸手続の方法を知らなくても
・特別な資格を持っていなくても


それこそ、あなたが思い立ったら今直ぐにでも「中古車転売」を始められてしまうわけですね。

逆に言えば、あなたが「中古車転売」というビジネスモデルに抱いているであろう上記の様な懸案事項は、ただの「先入観」に過ぎないか、誰でも普通に「解決可能」だと言う事です。



まあ、とはいえ現実的な話をすると特別な資格というところで「古物商許可」は取得する必要がありますが、これは、中古品(中古車)の売買をビジネスにするのですから、当然といえば当然です。

尚、実際にどの程度の方が取得しているかは不明ですが、本やCD等といった比較的値段の安い商品を扱う一般的なせどり・転売でも、本来この「古物商許可」は必要になります。つまり、扱っていく商品の金額に関係なく「中古品」を扱う以上は「古物商許可」を取得する必要があるわけです。ご参考までに。

話を戻しますが、この「古物商許可」を取得するのに、どうしても多少なり時間が掛かってしまうのは致し方ありません。

よって、現時点で「古物商許可」を持っていない人が「中古車転売」を始めようと思うと、これだけは避けて通れませんから申請して取得して下さい。

まあ、「中古車転売」をはじめていくにあたり時間が掛かるのは、強いて言えばこの「古物商許可」の取得に要する期間位です。

もっとも、「古物商許可」の申請自体は誰でも簡単に行えて、ほぼ確実に取得出来るものですから「ハードル」というほどでもありませんが、馴染みのない人からすれば敷居が高いように感じるかも知れませんね。

ちなみに、「古物商許可」を取得するには、必要書類と手数料の19,000円を持って、営業所の所在地を管轄する警察署の防犯係へ行き提出すれば、40日以内に許可・不許可の連絡が来ます。

逆に、既に「古物商許可」を持っている人であれば、私の記事を読んで意欲が湧けば、すぐにでも「中古車転売」をはじめていけるわけです。



よって、「古物商許可」さえ取ってしまえば、残る「中古車転売」をはじめるにあたっての懸案事項は、

・仕入資金
・仕入れた車の保管場所
・車ならびにそのカスタム・整備等の関連知識
・各種手続き


の4つです。



まず、「仕入資金」に関しては、もちろん有るに越したことはありませんが、極端な話をすると

「0(ゼロ)円」

からでも、「中古車転売」を始めることが可能です。



もちろん、「クレジットカードを使えば」とか「借金をすれば」と言った、そんなくだらない無責任な話ではありません。

まあ、これは最終手段的な話ですし、実際のところ仕入資金が全くの0(ゼロ)という人も、そうそういないと思いますしね。

つまり、数万円程度の仕入れ金であれば、何とか工面出来る事がほとんどではないでしょうか?

そして、その数万円程度の自己資金からでも、「中古車転売」は普通に始められてしまうわけです。



しかし、その場合、当然ながら仕入れできる車も単価の安いものになる為、どうしても1回の売買で得られる利益も少なくなってしまいます。

ただ、そんな薄利であっても、回数を重ねることで自己資金を増やしていくことが出来ますので、やがて1回の売買で大きな利益を得る事も十分に可能です。

まさに「塵も積もれば山となる」ですね。



実際、私に「中古車転売」を教えてくださった方は、そういったほぼ自己資金0(ゼロ)の知人達にそのイロハを教えてしっかりと稼がせていますから、やる気さえあれば大抵の人は実践可能だといって良いでしょう。



その他の「中古車転売」をはじめるにあたっての懸案事項である

・仕入れた車の保管場所
・車ならびにそのカスタム・整備等の関連知識
・各種手続き


につきましては、順次、記事をお届けして行きますので、あなたが「中古車転売」に少しでも興味が湧いたようでしたら、ご覧になってみて下さい。



「中古車転売ビジネス」でより稼げるのは車が好きな人?そうでない人?



ここで、あなたは

「中古車転売って言われても、自分はあまり車に興味がないしなあ。」

と、思われたかも知れません。



つまり、「中古車転売」は、

「車好きでないと稼げない。」

と思っていないでしょうか?



実は、それすらも「先入観」だったりするわけです。



これも、私に「中古車転売」を教えて下さった方の受け売りですが、

意外にも「あまり車に興味がない人」の方が、このビジネスに向いていたりするのです。

実際、その方が「中古車転売」のイロハを教えた人達のうち、さほど車に興味のなかった人の方が、少ない資金で大きな利益をあげていたりするそうですので。



それは、その方曰く「車好きの人」の場合、どうしても自分の「趣味」に走ってしまいがちだからだそうです。

つまり、元々車が好きな人だと、自分が乗ってみたいとかいう理由で仕入れる中古車を選んでしまいがちになり、さほど利益が出ないというパターンですね(笑)。

とは言え、扱っていく商品が商品ですから、それなりに利益は出るわけですが。



逆に、そうでない人、さほど車にこだわりのない人は、そういった「私情」を挟まない分、利益率の高い中古車だけを仕入れて転売していくので、効率的に稼いでいるわけです。

「ドライに仕入れて、ドライに転売していく。」

要するに、「中古車転売」に向いている人というのは、むしろ、あまり車に興味がない人、こだわりがない人だと言えます。



ただ、あなたが「車好き」の場合、それはそれで「趣味の延長」として楽しみながら転売ビジネスが出来るというメリットがあります。

何せ、自分が乗りたいと思う好きな車を取っ替え引っ替え自由に乗り回し、その上で月に数百万円のお金を稼いでしまうのですから、「車好き」の人にしてみれば趣味と実益を兼ねたこれ以上に「おいしいビジネス」はないと思います。



以上、あなたが「車好き」であろうが、車にさほど興味がなかろうが、こだわりがあろうがなかろうが、いずれにしても「ローリスク」で稼げることは間違い有りませんので、「中古車転売」という選択肢も視野に入れてみてはいかがでしょうか?

興味があれば、引き続き、コチラの記事をどうぞ。

>「中古車転売ビジネス」はじめるなら「国内転売」型?「貿易転売」型?



それでは、太田でした。



コメントを残す

サブコンテンツ

profile

管理人

name:太田憲一
都内近郊在住、一部上場企業勤務。二児の父親、40代。ふつーのサラリーマンです。

このページの先頭へ