「物販系」情報商材やツールの「無在庫販売」はアテになるのか?(せどり・転売・輸出入等)



太田です。



最近、eBayやAmazonを利用した「無在庫販売」を売りにした情報商材やツールが、多く出回っています。

その代表格とも言えるのが、BUYMA(バイマ)というサイトです。



ちなみにBUYMA(バイマ)とは、日本にいながら世界中の商品を購入したい人と、その商品を販売する人(パーソナルショッパー)をマッチングする新しい形のショッピングサービスです。



最近でこそ、このBUYMA(バイマ)系の情報商材やツールを見かける機会は激減しましたが、

一時期は、

「誰でもリスク0(ゼロ)で稼げます!」
「在庫を抱えなくて済みます!」
「これからは、BUYMA(バイマ)の時代です!」


等と言った謳い文句で、多くの情報起業家(インフォプレナー)さん達が、こぞってあれやこれやと販売していましたので、記憶に新しい方も、いらっしゃると思います。



そのBUYMA(バイマ)ブームが一段落して、最近はeBayやAmazonの「無在庫販売」を利用して、

「○○から仕入れて転売していくだけで・・・。」
「提供するツールでリサーチした商品を転売するだけで・・・。」


等と言った謳い文句で、様々な情報商材やツールが出てきています。尚、Amazonに関しては、そもそも「無在庫販売」を認めていません。それは、Amazonの規約にこの様な一文があるからです。



遅延配送や、見込み出品の禁止
Amazonマーケットプレイスで出品されている商品は、
成約後2営業日以内に発送してください。



見込み出品の禁止、つまり「無在庫販売」は禁止と言う事です。

まあ、実際には、明らかに「無在庫販売」と思われる様なアカウントもありますので、黙認?状態のようですが(苦笑)。



いずれにしても、私自身は、こういった「無在庫販売」という部分だけにフォーカスした様な「物販系」情報商材やツールをほぼ全て懐疑的に見ています。

少なくとも、私が知る限りこの手の「無在庫販売」を謳った情報商材やツールで、「稼ぎ続けている」「このツールは使える」等と言った話は、ほぼ聞いたことがありませんので。

まあ、良くて一時的には稼げたという程度ですね。



「無在庫販売」をウリにした情報商材が「ダメ」な理由について



そういった「無在庫販売」という部分だけをクローズアップして、「リスク0(ゼロ)」で稼げますと謳った情報商材やツールの全てが「詐欺」とまでは言いませんが、ほぼ間違いなく「稼げる情報ではない。」という事に、変わりはありません。

少なくとも、内容そのまま実践して稼げる程、甘い世界ではありません。



それが何故かと言う事を、以前にネットビジネス業界を賑わせた前述の「BUYMA(バイマ)」というサイトを例に考えてみましょう。



先程も、少し紹介しましたが、そもそも論として、BUYMA(バイマ)のウリは日本にいながら世界中の商品を購入できることです。

つまり、

「海外にいるバイヤーから世界中のブランド品を直接購入できる。」

という事が、BUYMA(バイマ)というサイトの「本質」なわけですね。



にも関わらず、BUYMA(バイマ)関係の情報商材がブーム的な盛り上がりを見せていた頃にリリースされたノウハウやツールは、決まったように「無在庫販売」という部分だけを前面に押し出して「リスク」なく「完全在宅」で稼げるようなことを、打ち出していました。



この時点で、私から言わせれば、ナンセンスなんですよね。

「完全在宅」つまり「インターネット完結」でBUYMA(バイマ)の「無在庫販売」を利用して稼ぐことが出来る。

そんな謳い文句を持ち出してくる時点で、そのノウハウは「ダメ」です。



これは、eBayやAmazonも同様ですが、「無在庫販売」というのは、確かに魅力的ではありますが、

他サイトの商品情報を右から左に流すだけで稼げるような都合の良い仕組みではありません。



「無在庫販売」では稼げないのか?



では、「無在庫販売」で稼ぐことが出来ないのかと言えば、当然、そんなことはなく、稼いでいる人は稼いでいます。



例えば、BUYMA(バイマ)を使って月に50万円稼いでいるという主婦の方が、以前、「ガイアの夜明け」というテレビ番組で取り上げられていました。

その取材を受けていた主婦の方は、「海外」で生活をされている人で、実際にどういうやり方で稼いでいるかというと、まず、現地のお店へ自ら足を運んで商品をリサーチし、写真を撮影したり値段を控える等して来ます。

自宅に戻ったら、その情報を元にBUYMA(バイマ)へ出品していきます。

そして、BUYMA(バイマ)を通して日本のお客さんから注文が入ったら再度、現地のお店に足を運んで、実際にその商品を買い付けて配送していくという流れです。

それで、月50万円を稼いでいたのです。

例えばヨーロッパ等では、日本人に人気のあるブランド品で国内未発売の商品もありますし、単純に国内よりも安い為、そういったものを転売していくだけでも、十分に稼げてしまうわけです。

まあ、それが「BUYMA(バイマ)の正しい使い方」なんですけどね。



そして、この主婦の方が実際にBUYMA(バイマ)で稼ぐことが出来ていたポイントはあくまでも、日本で需要があるけど販売されていない、あるいは、日本より安い商品を「現地調達」可能な環境にあった事です。

要は、「日本国内で買えない。」もしくは「日本国内より格安」な商品を現地のお店で品定め出来たから、月に50万円も稼ぐことが出来たわけです。

決して、既に他のサイトでも売られているような商品の情報を引っ張ってきて右から左へBUYMA(バイマ)へ出品して稼いでいたわけではないのです。



「無在庫販売」で稼ぐには・・・。



つまり、私が言いたかったのは、

「無在庫販売」で実際に稼いでいる人は、前述したBUYMA(バイマ)で月に50万円稼いでいる主婦の方のように「海外での現地仕入れ出来る」等、他の人が知らないあるいは容易にマネのできない「特別な仕入れルート」を持っていると言う事です。



もちろん、これは一例ですから、「海外での現地仕入れ」でなくて国内なりネットであっても、誰にも知られていない言わば「穴場」的な仕入れルートを確保することが出来るのであれば、

BUYMA(バイマ)に限らずeBayやAmazon等の「無在庫出品」で稼いでいくことも、十分に可能だと思います。

逆に、そう言った

「独自の仕入れルート」を開拓できないのであれば、BUYMA(バイマ)等の「無在庫出品」で稼ぐことは困難

だと言って良いでしょう。



決して、他サイトで売られている商品の情報をただ引っ張ってきて、右から左へ出品していって稼げるような甘い世界ではないという事ですね。



「無在庫販売」のメリット・デメリット



ここで、「無在庫販売」に関するメリット・デメリットを、私なりにまとめておきたいと思います。



【無在庫販売のメリット】

・資金的リスクがない
・在庫を抱えなくて済む
・在庫スペースが不要
・扱う商品が基本的に新品



【無在庫販売のデメリット】

・確固たる仕入れ先が必要
・異常なまでの競合を生む
・(Amazon)FBAを使えない
・購入キャンセル等によるアカウント評価低下の危険性がある
・アカウント停止の危険性がある



「無在庫販売」だけをウリにした情報商材やツールのほとんどが、謳い文句にしているメリットは、ほぼ、この4つに集約されるかと思います。

もう少し、具体的に説明しておきます。



まず「無在庫販売」メリットの代名詞とも言えるのが「資金的リスクがない」という点です。

出品した商品が実際に売れてから、それを仕入れて発送すれば良いわけですから、無駄に「自己資金」を使う必要がありません。

要するに、受け取った販売代金で仕入れが出来るのですから、資金繰り的には、非常に「楽」なわけです。

つまり、「資金まわりの良い」転売ビジネスと言えます。



次に、「在庫を抱えなくて済む」「在庫スペースが不要」というのは、ほぼ同義になりますが、転売ビジネスにおける「在庫」について考えてみると、将来利益になる商品だけではない、つまり、「負債」となってしまうものも含んでいるという事です。

その点、「無在庫販売」は、実際に商品が売れてから仕入れるのが基本になりますから、「負債」となるような「不良在庫」を一切抱えずに済みます。

そして、当然ながら「在庫」を抱える必要がないので、商品を保管しておくスペースも不要なわけですね。



そして、意外と知られていないメリットとしては、「無在庫販売」で扱っていく商品が基本的に「新品」だという事です。

何故かと言えば、「中古品」を取り扱う場合、商品の検品や清掃を行わなければならないことが多々あるからなんですね。

1人で転売ビジネスを行っていく場合、そういった作業に取られる時間もバカになりませんので。



この様に「無在庫販売」のメリットだけを見れば、良いことずくめに見えますが、実際にはそれ相応のデメリットが存在します。

そして「無在庫販売」ばかりにフォーカスした情報商材やツールは、そういったデメリットを意図的に隠したり、ぼかしているのです。



では、続いてその「無在庫販売」に関するデメリットについて、補足しておきたいと思います。

まず、私の考える「無在庫販売」における大きなデメリットは、上記のうち「確固たる仕入れ先が必要」「異常なまでの競合を生む」という2つです。

他の3点については、Amazonを使った「無在庫販売」に関してという部分が大きい(eBay等も全く関係ないわけではありませんが。)ので、そのデメリットは、ほぼ、

『確固たる仕入れ先が必要』
『異常なまでの競合を生む』


の2点に集約されると言って、差し支えないと思います。



ここで、先にAmazonを使った「無在庫販売」のデメリットについて簡単に確認しておきます。

そもそも、前提として、冒頭でも述べたとおりAmazonは「無在庫販売」を認めていません。

その為、購入者側からすれば、すぐに商品が発送されると思っていますから、発送が遅れればキャンセルされてしまうリスクがあります。

「無在庫販売」の場合、実際に商品が売れてから仕入れを行う関係上、発送するまでにどうしてもタイムラグが発生してしまいますからね。

そして、キャンセルが多発するとアカウント評価にも影響してきてしまいます。



更に、トラブルが続けば、「無在庫販売」が規約で禁止になっている以上、最悪の場合、Amazonから「アカウント停止」される恐れがあります。

また、当然ながら商品が手元にない為、AmazonのFBAサービスを利用することが出来ません。

つまり、毎回、自分で発送作業を行わなければならず、そのメールチェックだけでもかなりの手間をとられてしまうわけです。



それでは、本題である私の考える「無在庫販売」における2大デメリット

『確固たる仕入れ先が必要』
『異常なまでの競合を生む』


について補足します。

まず、「確固たる仕入れ先が必要」については、

これまでも述べた通り「無在庫販売」で稼いでいくには、他の人が知らない「特別な仕入れルート」が無くては話になりません。

その上で、いざ商品が売れた際「仕入れが出来ない」では困りますから、確実に「仕入れられること」をチェックしておく必要があります。



では、そういった「特別な仕入れルート」が無い場合どうなるでしょうか?

ここで、多くの「無在庫販売」だけを強調した様な情報商材やツールは、冒頭でも述べたとおり、

「○○から仕入れて転売していくだけで・・・。」
「提供するツールでリサーチした商品を転売するだけで・・・。」


的な話を持ち出してきます。



でも、冷静に考えてみて下さい。



多くの人が、一緒の仕入れ先や同じお手軽なリサーチ方法とツールで、似たような商品を次から次へとBUYMA(バイマ)なりeBayなりAmazonに出品していったらどうなるでしょうか?

「資金的リスクがなく」出品出来るという「無在庫販売」のメリットは、裏を返せば「誰でも簡単にできてしまう。」という事を意味します。

つまり、

参入障壁が低い為、誰でも無制限に出品する事が可能なわけですから、たちまち同じような商品でサイトが埋め尽くされてしまいます。



それを一緒の仕入れ先や、同じお手軽なリサーチ方法とツールで行っていく訳ですから、「異常なまでの競合を生む」のは誰の目に見ても明らかだと思います。

ただ、どんなに商品数が増えていったところで、それを「欲しい」と思う人の数、つまり需要は限られていまし、基本的に同じ商品であれば普通に考えて「一番安い販売者」から売れていきます。

その為、価格競争になってしまい利益が薄くなるので、下手な鉄砲も数打ちゃ当たる方式で更に色々と出品していく事になります。

要は、「薄利多売に陥りやすい」という事を意味しているわけです。

そうなってくると、eBay等では出品手数料も掛かりますから、そのコストもバカになりませんし、何よりも商品管理(価格変更、品切れ等)が大変です。

まとめると、

参入障壁が低い為、ライバルが増えやすい。
  ↓
価格競争に陥りやすい。
  ↓
出品数を増やす。(薄利多売)
  ↓
出品コストの増加と、商品管理が煩雑になる。


といった負のスパイラルになりかねないという事です。



「無在庫販売」は本当にリスクがないと言えるのか?



以上、「無在庫販売」が幾らリスクが無いとは言え、稼ぐことが出来なければ、その出品作業に掛かった「時間」「労力」は無駄になったことになります。

つまり、

「無在庫販売」は、金銭的リスク等は無いとは言え、「時間」や「労力」を無駄にするリスクがあると言えます。

ましてや、「無在庫販売」だけに焦点を当てたような転売ビジネスに関する低俗な高額塾に手を出してしまった場合、その元すら取れないリスクもあるわけです。



結局、儲かるのはそういった情報やツールを売っている人だけというパターンですね(苦笑)。

実際問題、そうった情報やツールを売っている様な人達に限って、「無在庫販売」なんかでは稼いでいおらず、そのノウハウを売ることで収入を得ていると思って下さい。



仮に、「無在庫販売」で稼げる方法があるとするならば、再三述べたように、

自分だけが独占的に商品を出品していくことが出来る他の人が知らない「特別な仕入れルート」を確保してい場合

だけです。

つまり、そういった「特別な仕入れルート」を提供してくれる情報商材やツールであれば、確かに「無在庫販売」で稼いでいくことも不可能ではないと思います。

しかし、不特定多数の人に公開(販売)されている時点で、そういった自分だけが独占できる「特別な仕入れルート」が提供されるはずもないことは、言うまでもありません。



そもそも、実際に「無在庫販売」で稼いでいる人が、そういったノウハウやツール、ましてや「特別な仕入れルート」を公開することなど、どう考えてもあり得ません。

これは、例え高額塾だろうが同様です。高額な料金を払っているのだから、そういった「特別な仕入れルート」を教えてもらえるだろうなどと、夢にも思わない方が、身の為ですよ。



裏を返すと、「無在庫販売」で稼いでいこうと思うのなら、基本的に

自分自身で仕入れルートを開拓し、隠し通していかなければ稼ぎ続けることは無理。

と言う事ですね。



そして、そんな仕入れルートを新規で開拓していくことが、大変な困難を伴うことは想像に難くないと思います。

少なくとも、あなたが私と同じように多忙なサラリーマンであれば、ほぼ「不可能」でしょう。

つまり、そういった「リスク」もあるということです。



以上、「無在庫販売」の「リスク」を考えた場合、私が推薦している



>次世代せどり・転売メソッド「せどりインサイダー」 レビュー(準備中)

>中古車輸出業の実務講座 レビュー(準備中)



こういった現実的で「まとも」なせどり・転売ノウハウの方が、よほど確実に稼いでいく事が出来ると思いますよ。



「無在庫販売」を謳った「物販系」情報商材やツールの現実について



今回は、「無在庫販売」を謳った「物販系」情報商材やツールがいかに空虚なものかをまとめました。

そして、たちが悪い事に、この手の「無在庫販売」だけにフォーカスした様な情報を売っている情報起業家(インフォプレナー)さん達自身は、メリットばかりでなくデメリットがあることを認識しているという事です。

要するに「確信犯」というやつです。

裏を返せば、「そういう情報に踊らされる人達」が無知なだけとも言えます。



別に「無在庫販売」に限った話ではありませんが、情報起業家(インフォプレナー)さん達にとって

『誰でもリスク0(ゼロ)で稼げる』

といった謳い文句で売り込める様な目新しいサービスは、この上なく都合の良い仕組みなわけです。

ただ単純に、

「金銭的リスクもなく、在庫を抱える不安もない転売ビジネスで月収○○万円稼げます!」

といったふれ込みで、大々的に持ち上げておけば、いわゆる「情弱層」と呼ばれる人達が食いついてくれるわけですからね。

つまり、

「無在庫販売なら、誰でも簡単にノーリスクで稼げます。」

なんていう都合の良い話は、そういった切り口で情報商材やツールを売り捌きたい情報起業家(インフォプレナー)さんやその取り巻きのアフィリエイターさん達が作り出した「幻想」に過ぎないわけです。

低俗なYouTube関連商材を販売している情報起業家(インフォプレナー)さんや、それを絶賛しているアフィリエイターさん達が、

「これからは、動画しか検索エンジンに上位表示されなくなる。」

とか、

「検索した結果の約9割に、Youtubeを初めとしたオンラインビデオが表示される。」

と言った勝手な印象操作を行っているのと同様です。

>ロバート・キンコー氏「動画9割」発言は「動画至上主義」?



前述したBUYMA(バイマ)もそうですが、新しいビジネスモデルが登場すると多くの自称情報起業家(インフォプレナー)さん達が、その仕組みを都合良く解釈し、それらしいノウハウやツールにもっともらしい理屈を付けて、あれやこれやとリリースするわけです。

そして、そういった業界の事情を理解していない「情弱層」の人達が、まんまと騙されてしまっているのです。

実際、今回、紹介したBUYMA(バイマ)もそうですし、数年前に流行った「ドロップシッピング」、ジャンルは違いますが稼げるSNSとして話題になった「tsu(スー)」等が、その典型です。

サービスやビジネスモデルが注目され始めるとこぞって、情報起業家(インフォプレナー)さんやアフィリエイターさんが、

「ドロップシッピングは稼げます。」
「これからは、tsu(スー)の時代です。」


等と言って、それに関連した情報商材やツールを勧め始めます。

そのくせ、そんな情報起業家(インフォプレナー)さんやアフィリエイターさんに限って、当の本人達はそのビジネスで稼いでいないのですから、始末が悪いとしか言いようがありません。



そして、大半のサービスやビジネスモデルが、たいして「稼げない」と言う事がわかり始めると、それに関連した情報商材やツールをぱったりと見なくなるわけです(苦笑)。

(無論、全てのサービスやビジネスモデルがそうだとは、いいませんが。)

「ドロップシッピング」や「BUYMA(バイマ)」関係の情報商材を、ほとんど見かけなくなったのが良い例です。

そうやって、世間から忘れられる頃には、彼等はすでに別の新しいサービスやビジネスモデルに関する情報を勧めているのです。

そういった節操のない「残念な人達」が、このネットビジネス業界には多いわけです。

そして、その繰り返しが、このネットビジネス業界の実態なわけで、だからこそ「稼いでいる人は稼いでいる」が、「稼げない人はいつまで経っても稼げない」のだと思います。



「無在庫販売」自体は、確かに金銭的リスクなく転売を行える良い仕組みだと思います。

実際に、BUYMA(バイマ)に限らずeBay、Amazonの「無在庫販売」で稼いでいる人は、稼いでいるわけですから。

ただ、その部分だけを取り上げて、情報商材やツールとして売り込もうとする自称情報起業家(インフォプレナー)さんやアフィリエイターさんの問題なんですね。

メリットばかりを強調し、あたかも簡単に楽して稼げるかのような謳い文句で形だけの情報商材やツールを売りつけているわけですから。



今回で言えば、「無在庫販売」という部分にフォーカスしていますが、セールスレター等もそういった部分だけに意識を向けるようにして、デメリットをみせないように作られているものだと思って下さい。

もっと視野を広く持って、総合的に判断していけるようにならないと、いつまでもくだらない情報起業家(インフォプレナー)さん達の餌食にされるだけですよ。



それでは、太田でした。



コメントを残す

サブコンテンツ

profile

管理人

name:太田憲一
都内近郊在住、一部上場企業勤務。二児の父親、40代。ふつーのサラリーマンです。

このページの先頭へ