リスクが「0(ゼロ)」の物販系ビジネス(せどり・転売・輸出入等)は存在するのか?



太田です。



結論から言ってしまうと、突き詰めて考えた場合、リスクが「0(ゼロ)」な「物販」系ビジネスなど、正直なところ、存在しません。

それは、基本的に「物販」系ビジネスという性質上、原則は商品を「仕入れ」て「転売」していくことになりますから、一時的とは言え、「仕入れる為にお金を投じる必要がある」からです。

つまり、その時点で何かしらの「リスク」は発生してしまうという事ですね。



ですので、それ以外の部分で「リスクヘッジ」をしていくことによって、そのリスクを最小限に抑える、つまり限りなく「0(ゼロ)」、「無い状態」に近づけると言うのが正しいと言えます。

例えば、せどりエイターれお☆さんの「せどりインサイダー」は、

・商品そのものの需要が無くなり全く売れない。
・商品相場が値崩れして転売しても損失が発生する。


と言った可能性を限りなく「ゼロ」に出来るノウハウなわけですが、逆に言えば、「仕入れに先立って資金が必要」であることや「その資金を使って商品を仕入れる必要」があるという点においては、その金銭的リスク自体に、変わりが無いと言えます。

一時的とは言え、手元から「お金」が離れること自体を金銭的リスクと捉える人にとっては、れお☆さんのノウハウも結局、「リスクのある方法」となってしまうわけです。



まあ、そもそも論として、それすら金銭的リスクと捉えてしまうような人は、せどり・転売等の「物販」系ビジネスに手を出すべきで無いとも言えますが、その根本的とも言えるリスクすら回避してしまうビジネスモデルが、私の知る限りでは「2つ」存在しています。



具体的に言いますと、

・「無在庫販売」を利用したせどり・転売ビジネス
・「中古自動車」を対象とした転売ビジネス


のいずれかになります。



仕入れ時の金銭的リスクを 実質上「0(ゼロ)」に出来る2つのビジネスモデルについて



ただ、一般に言われる「無在庫販売」に関しては、私は懐疑的な見方をしています。詳しくは、コチラの記事を参照下さい。

>「物販系」情報商材やツールの「無在庫販売」はアテになるのか?



厳密に言えば、「無在庫販売」すれば「ノーリスク」で「手軽」に稼げます等と言った情報商材に対して苦言を呈しているわけですが、一昔前に、この情報商材業界で流行ったBUYMA(バイマ)等が良い例です。



そもそも、「無在庫販売」出来る、つまり資金が「0(ゼロ)」でも始められると言う事は、その「転売ルート」すら確立してしまえば、誰もが同じ商品を幾らでも出品する事が可能なわけです。

そうなると、どうなるか?

競合が増えて売れないから、安くすることになります。

要するに、どんどん「薄利多売」になっていくわけです。

そして、薄利多売になってくると、掛けた労力に対しての稼ぎが割に合わなくなり、やがて挫折するわけですね。

結局、「無在庫販売ならノーリスクで稼ぎ放題!」みたいな謳い文句に踊らされた人達が、痛い目をみる羽目になっただけで、今となっては、BUYMA(バイマ)系の情報商材を目にする機会は、ほぼ、なくなったのがその良い証拠です。



最近も、ダイソー等の百均から仕入れてeBayやAmazonで「無在庫販売」等を謳った情報商材等を見かけますが、真に受けるべきではありませんね。

少なくとも、仕入れ時の金銭的リスクが無いからと言って、右から左へ適当に出品してバンバン稼げる程、せどり・転売の世界は、「甘いものではありません。」

これは、肝に銘じておくべきです。



もちろん、金銭的リスクの無い状態で、転売ビジネスを始めることが出来る「無在庫販売」というのものが、確かに大きなメリットになることは、疑いようもありません。

しかし、いざそういった市場で本当に稼いで行こうと思うのであれば、普通のせどり・転売ビジネス以上に仕入れルートや、転売ルートの開拓に力を入れていかなければ、難しいという事です。

そういったルート開拓に掛かる「労力」や、費やす「時間」を考慮するならば、BUYMA(バイマ)等を利用した「無在庫販売」と言ったビジネスモデルは、普通に仕入れリスクのある「物販」系ビジネスと比較した場合、結局のところ、別の「苦労」を強いられていることになるわけです。

何せ、BUYMA(バイマ)にしろ何にしろ「無在庫販売」できるサイトのメリットを受けられるのは、あなた1人だけではなく、全員に平等に与えられる恩恵だからです。

裏を返せば、その仕入先を知られてしまえば、誰もが幾らでも同じ商品を無制限に出品出来てしまいますから、そういった情報は誰も教えてくれないわけです。

それはそうですよね?

少なくとも、今現在、実際に「無在庫販売」で稼いでいる人が、その仕入先を包み隠さず明かしてくれる道理がありません。

何故か?

同じ商品を出品されて、自分が稼げなくなるからです。

だから、「無在庫販売」で稼いでいこうと思えば、その仕入先は自分で開拓していく他ないと思って下さい。

そういった「苦労」を、「別の意味でのリスク」と捉えることも出来ます。

つまり、「無在庫販売」はメリットばかりでなく、デメリットもある「諸刃の剣」であり、金銭的リスクが無い分、稼ぐのが大変なビジネスモデルだと言えます。



そういった「無在庫販売」のデメリットを踏まえた上で、今回、私があえて紹介しようと思うのが、BUYMA(バイマ)等とは違った視点から、仕入れに伴う金銭的リスクが実質的に「0(ゼロ)」で取り組める

「中古車の転売ビジネス」

になります。



中古車転売ビジネスが金銭的リスク「0(ゼロ)」!?



ここで、「中古車の転売ビジネス」と聞いて、あなたは、どういったイメージを抱きましたでしょうか?

・仕入れるのに豊富な資金が必要
・仕入れた車両の保管に広い駐車場が必要
・車についてはもとよりカスタムや整備の知識が必要
・名義の書き換えや面倒な手続きが必要
・そもそも特別な資格が必要


普通の方であれば、こんな感じではないでしょうか。

まさしく、世間一般における大半の方々が思い描いている印象だと思います。



かく言う私も、ある人から初めてこの話を聞くまでは、上記の様な「先入観」を抱いていました。

そして、この「先入観」こそが、中古車の売買という市場における「盲点」であり、実際には、このビジネスも幾つかのポイントさえ押さえれば、上記の様な懸念事項は、意外なことですが、「誰でも」「普通に」クリア出来てしまうのです。



つまり、そのハードルが高そうだという「先入観」とは裏腹に、

・仕入れるのに豊富な資金がなくても
・仕入れた車両の保管用に広い駐車場がなくても
・車についてはもとよりカスタムや整備の知識がなくても
・名義の書き換えや面倒な手続きを知らなくても
・そもそも特別な資格がなくても


中古車の転売は、誰でもすぐに始めることが出来てしまうという事です。

しかも、

最も「重要」と言える「売買ルート」すら、いとも「簡単」に開拓出来てしまうんですね。



私自身、この「中古車の転売ビジネス」のノウハウを初めて知った時は、とにかく、先程挙げたような「先入観」は、ただの「思い込み」であることを痛感させられました。



これは、 「せどり・転売に対する先入観をぶち壊してくれた!」という意味で、前述した、せどりエイターれお☆さんの「せどりインサイダー」も同様なわけです。

>せどりエイターれお☆さんの「せどりインサイダー」に死角なし!?(準備中)



結局、中古車、プレミアCD、どの様な市場もそうですが、

「既にその市場で稼ぐ為のノウハウを確立している人」

とそうでない人、つまりその市場で稼げていない人であったり、そこに「先入観」を持ってしまっている人との間には、

「根本的なビジネスの捉え方や進め方」

の面において、大きな壁が存在していると言えます。



せどりエイターれお☆さんの「せどりインサイダー」については、私も以前より実践していたわけですが、その「中古車の転売ビジネス」にもちょっとだけ、関わっています。

つまり、サラリーマンとして本業をしながら、プレミアCDのせどり・転売や「中古車の転売ビジネス」にも関わって、そこからも収入を得ていると言うわけです。



そんな、私も関わりのある金銭的リスク「ゼロ」の中古車ビジネスに興味をお持ちであれば、コチラの「中古車転売ビジネス講座」の方も、ご覧になってみて下さい。

>中古車の転売講座



前述したような、

・仕入れるのに豊富な資金がなくても
・仕入れた車両の保管用に広い駐車場がなくても
・車についてはもとよりカスタムや整備の知識がなくても
・名義の書き換えや面倒な手続きを知らなくても
・そもそも特別な資格がなくても


言わば、「無い無い尽くし」の状態から、あなたが今すぐにでも中古車転売ビジネスに参入して、稼いでいく為の「具体的な方法」を公開しています。



私も、車に拘っていた時期がありましたので、

車好きの方には、ある意味「たまらないビジネス」だと思います。

もっとも、私の場合、かなり偏った趣味の車ですが。(笑)

やり方次第で、

「好きな車を自由に乗り回して、飽きたら新しい車を仕入れる。」

その繰り返しで、充実した「カーライフ」を満喫した上に、お金も稼げると言った具合です。



実際、私がこの「中古車転売ビジネス」を知るきっかけになった、別のビジネスでもお世話になっている社長さんは、20代と言う若さで、「ベンツ」「BMW」「ベントレー」「アメ車」等々を、自由に乗り回して、飽きたら転売していくというスタイルで、年商で「億」単位を売り上げています。

まさに、「趣味と実益を兼ねたビジネス」と言えるのではないでしょうか?



2つのリスク0(ゼロ)転売戦略講座



以上、リスクが「ゼロ(無い)」の物販系ビジネスについて

・金銭的リスク無く取り組めるビジネスをしたい
・極力リスクなくお金を稼ぎたい
・好きな車関連のビジネスをしたい
・とにかくお金を稼ぎたい
・忙しいサラリーマンでも取り組める副業を探している


興味を抱いた点は、様々だと思いますが、あなたの「琴線に触れる」何かがあったならば、一度、下記の講座に目だけでも通してみて下さい。

特にせどり・転売で、本当に限りなく「リスク0(ゼロ)」で取り組めるビジネスモデルは、私の知る限り

・せどりエイターれお☆さんの音楽CD転売
・中古自動車の転売


この2つだけですので。きっとあなたのせどり・転売に関する既成概念を打ち破ってくれますよ。

>音楽CDの転売講座 (準備中)

>中古車の転売講座



それでは、太田でした。



コメントを残す

サブコンテンツ

profile

管理人

name:太田憲一
都内近郊在住、一部上場企業勤務。二児の父親、40代。ふつーのサラリーマンです。

このページの先頭へ