「物販系」情報商材やツールはアテになるのか?(せどり・転売・輸出入等)



太田です。



ネットビジネスを始めるに当たって、多くの人がまず直面するであろう問題。それは、どういったジャンルに取り組むかではないでしょうか。

そして、その選択肢は、ざっくりと言えば、

・アフィリエイトに代表される「広告ビジネス」
・せどりや転売に代表される「物販ビジネス」


のいずれかになります。



個人が比較的手軽かつ気軽に始められるネットビジネスの選択肢としては、やはりこの2つのジャンルが、その筆頭に挙げられます。



前者のアフィリエイトに代表されるインターネットを利用した広告ビジネスは、まさに昨今のICTの普及によって生まれたビジネス。つまり、パソコンやスマートフォン世代ならではのビジネスモデルと言えますね。



これに対して、後者のせどりや転売に代表される物販ビジネスですが、そのビジネス自体は言うまでもなく昔から存在しているわけですが、こちらもICTの進化により、完全在宅でも取り組めるようになりました。



そして、この「広告」と「物販」という2つの選択肢を比べた場合、ネット上では一般的に、

「初心者は、せどりや転売等の物販ビジネスから始めた方が良い。」

という風潮があります。



特に「情報商材」を扱うアフィリエイターは、その傾向が強く、

「まずは物販ビジネスで稼いで、実績を積みましょう。」

と提唱している事が多いと思います。



確かに、物販ビジネスで実績を積んだ後、アフィリエイターとして成功し、更にはインフォプレナーとして活躍している有名な方も何名かいます。(言ってるだけのなんちゃって成功者がいるのも事実ですが。苦笑。)

そう言った事もあってか、

「ネットビジネス始めるなら物販から。」

と半ば既成事実化しているわけですね。



その様な、このネットビジネス業界の傾向を背景にして、情報商材業界では、せどりや転売、ここ最近では中国等を対象とした輸出入関連等のいわゆる「物販系」情報商材やツールが数多く供給され、出回っています。



そして、「まずは物販から。」という主張をされているアフィリエイターが、そう言った「物販系」情報商材やツールを、ネットビジネスの初心者層に向けて、あれやこれやと「推奨」している。という傾向が強いわけです。



しかし、その手のせどりや転売に代表される「物販系」情報商材やツールについては、

「購入する前に注意すべきポイント」

がありますので、今回はその理由など含めて書いていきたいと思います。



「物販系」情報商材やツールの現実について (せどり・転売・輸出入等)



せどり、転売、中国輸入など「物販系の情報商材」について。



まず、一口に「物販系」情報商材やツールと言っても、オーソドックスに本やCDを扱う「せどり」はもちろんのこと、最近では、家電関係の国内転売、中国等を対象にした輸出入系の貿易ビジネスに関するものなど、多種多様なものが次から次へとリリースされています。



そして、その形態も「高額塾」「教材・マニュアル」「ツール」と様々で、それらを組み合わせたものもあります。



ただ、そう言った「物販系」情報商材やツールを手に取るに当たって、念頭に置いた方が良いのは、

「物販系の情報商材やツールは、とにかくハズレが多い。」

という点です。



そして、次から次へとリリースされている、そう言った「物販系」情報商材やツールのほとんどは、同じように次から次へと消えていっています。



要するに、商品としての寿命が短く、「長く売れ続ける商品は少ない。」というのが実情です。



これは単純に、先程も言ったとおり「ハズレが多い。」という事とも関連していて、結論から言えば、

「物販系」情報商材やツールのほとんどが、稼げない。

と言う事に他なりません。

その為、すぐに「悪評」が付き、売れなくなるというパターンです。



これに対して、「広告ビジネス」の代表格であるアフィリエイト系商材であれば、少なからず評価を集め、長きにわたって支持されている「ロングランヒット」商材が幾つか存在しています。



それに比べると、やはり「物販ビジネス」に関連した商材やツールで、売れ続けているものは「稀」です。



その理由は、冷静に考えてみればわかりますが、そもそも「物販ビジネス」は、「需要」と「供給」の間に生じる差を利用して稼いでいくビジネスです。

つまり、その「需要」と「供給」のバランスが崩れている、供給者(売る側)にとって利益を見込める商品を狙っていくことが基本です。



つまるところ、「物販ビジネス」でやること自体は単純で、「仕入れて売るだけ」なわけですから、後は、どこから仕入れてどこで売るかの違いになってくるわけです。



そういう意味で、普通に考えれば、

「同じ場所から同じ商品を仕入れる人」
「同じ場所で、同じ商品を売る人」


つまり、競合相手が増えることはデメリット以外の何ものでもありません。



裏を返せば、本当に稼げる情報(特にどこから何を仕入れるか)を公開するメリットが販売者にない。という事です。



仮に、あなたが本当に稼げる「物販ビジネス」の手法を編み出したとします。そんな方法を「情報商材」として世に出したいと思いますか?



特に、物販ビジネスで「どこから何を仕入れるか」というのは、うなぎ屋さんで言えば、門外不出の「秘伝のタレ」なわけです。



それをあえて公開するということは、それ相応の理由があるはずです。



そして、その理由として考えられるものとしては、

①当の本人は、既にそのノウハウを使って稼いでいない。

  ⇒ノウハウとして既に賞味期限切れ。
   あるいは、情報商材として販売した方が、
   楽に稼げると判断した。

②ノウハウそのものの難易度が高く、再現性が低い。

  ⇒販売者自身、実際稼いでいるノウハウだが、
   誰でも簡単に真似できるものでなく、
   自分(販売者)の市場を奪われる心配が少ない。

③ノウハウ自体が完全なでっち上げ。

  ⇒そもそも販売者自身、「物販ビジネス」をしておらず、
   そのノウハウ自体が、過去に販売された商材等の寄せ集め。

のいずれかに該当することが、ほとんどではないでしょうか。



要するに、「物販系」情報商材は、その大半が「机上の空論」と言っても過言ではないと言うことです。

つまり、世に出回っている時点で、そのほとんどは、インフォプレナーと呼ばれる情報起業家が、

「自分達がお金を儲ける為に作ったノウハウ」

と見て、間違いありません。



あるいは、その内容を限りなく「抽象化」にして販売しているかです。



先程も述べたように、物販ビジネスでは「どこから何を仕入れるか」が、肝なわけですから、「具体的」なノウハウを明かせば明かすほど、実践者同士が同じ商品を仕入れ、同じ様に転売していくことになるからです。



いずれにせよ、普通に考えて、

「ノウハウそのまま実践して稼げる情報が公開される事は、あり得ない。」

ましてや、

「誰もが手に出来る状態で公開され続ける事は、あり得ない。」

というのが、せどり・転売や輸出入等「物販系」情報商材の現実と思って下さい。



もしくは、ノウハウに関する内容が限りなく「抽象化」されている。つまり、肝心な部分をぼかしたり、触れない、いわゆる内容の薄い情報だと言う事です。

よって、そういった情報商材で稼いでいくつもりなのであれば、

自分で努力なり応用を利かせる事を前提に取り組まれた方が良いと思います。



もし逆に、それが「具体的」な情報として売り出されていたなら、「賞味期限切れ。」か「再現性が低い。」と疑ってかかるべきです。



そしてこれは、「物販系」ツールも同様と思って下さい。



仮に、そのツールに従って「仕入れて売るだけ」で稼げるようなものが存在したとしても、すぐに使えなくなるのは目に見えています。



なぜなら、いくら商品が膨大な数、存在していたとしても、利益を見込める商品というものは、限られています。

その限られたパイを対象に、大勢が同じツールを使って仕入れを始めたらどうなるか。

少し冷静になって考えればわかることですよね。



ただ、普通に考えて、そんな「お宝商品」がバンバン見つかる「魔法のツール」を有料とは言え、わざわざ公開するような人はいません。



結局は、「物販系」ツールと呼ばれる類のものも、

「実用性が低いツール」

あるいは、

「漠然とした情報が大量にはき出されるツール」

だと思った方が、賢明です。



先程も述べたとおり、「物販ビジネス」そのものの「肝」や「理屈」を考えれば、ツールとしてはそういったものになってしまうことは、当たり前と言えば当たり前なわけです。



本当に価値のある 「物販系」情報商材やツールを見つける方法



ここまで、お話しすると

「なんだ物販系情報商材やツールでは稼げないのか。。。」

と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、私は、価値があるものは「全く無い。」と言っているわけではありません。



ただ、これまで述べたように大半の「物販系」情報商材やツールは、価値が無い、少なくともその販売価格に見合った内容では無いと見ています。



特にそのセールスレターで、

「マニュアル通りに従って転売すれば稼げます!」

だとか

「ツールを使って商品を仕入れれば稼げます!」

的な謳い文句を大々的に掲げているようなものは、注意が必要です。つまり、そういうセールスコピーは鵜呑みにしない方が良いという事ですね。

というか、私のこれまでの経験上、こういう謳い文句が出た時点で「ハズレ」と見て間違いありません。



この記事でも再三述べてきたとおり、そんな「本当に稼げる」情報を公開するメリットが販売者側にありませんし、仮に「本当に稼げる」情報であったとしても、既に賞味期限切れか、すぐに稼げなくなる可能性が高いからです。

あるいは、難易度が高くて挫折するかですね。



では、逆にどういう「物販系」情報やツールであれば、「信用出来る」つまり、「使える」のか。これについて、私の個人的な見解について述べたいと思います。



まず、前提として「物販系」情報商材やツールは「具体的」なものほど、世に出回っている時点で、既に稼げない。あるいは、難易度が高すぎて真似できない。のいずれかです。



よって、「信用出来る」「使える」「物販系」情報やツールは、その逆のものだということです。



つまり、「抽象的」なものということですね。



要するに、そもそも「物販系」情報やツールに

「そのまま実践すれば何も考えず稼げる」
「ツールを使えば何も考えず稼げる」


という事は、鼻から求めてはいけないという事です。



くどいようですが、「そんな情報は基本的にありません。」まあ、仮にあったとしても「すぐに使えなくなる」のが関の山です。



結局、どんなビジネスでもそうですが、そういう「甘い考え」では、一時的には儲かるかも知れませんが、稼ぎ続けることは難しいと言わざるを得ません。



だからこそ、インフォトップ等で売られている比較的まとも?な「物販系」情報やツールは、Amazonやヤフオク並びに海外サイトの使い方、FBAの利用方法、在庫管理や利益管理の手法、リサーチに便利なツール等の紹介に終始しているわけです。



ただ、やはりそれでも、より「具体的」な情報やツールが欲しいと思うのが、人情だと思います。



つまり、「そのまま実践すれば稼げる情報」をあなたが求めたいのであれば、以下の条件をクリアしているものを見極めるようにしてみて下さい。



それは、「物販系」情報やツールを公開する事によって

①生じる競合を回避できる合理的な理由がある
②提供者・販売者にメリットがある


この2点です。



あなたが、「物販系」情報やツールのセールスレター等を見ていく際、この「いずれか」の条件をクリアしているかどうかを冷静に見極めることが出来れば、「価値ある」ものを手にすることが出来る可能性が高まります。



例えば、①の「競合を回避できる合理的な理由」という点においては、「地域性」を活かしたノウハウが考えられます。

つまり、仕入れ先に「地域性」があって、更に転売するに当たっては、圧倒的な需要があるもの。

そんな商品を扱っていくノウハウですね。



ただ当然ながら「地域性」を活かしていくので「完全在宅」とはいきません。

「完全在宅」つまり「ネット完結」するのであれば、「地域性」を活かす余地がありませんからね。



要するに、実際にその場所に行かなければ仕入れが出来ない。

つまり限られた人しか仕入れることが出来ない商品で、かつ、普遍な「圧倒的需要」があれば、

・仕入れにおける競合
・転売における競合


を回避できる合理的な理由がありますので、そういったノウハウを使った「物販系」情報やツールであれば、試してみる価値は十分にあると思います。



そんな「地域性」を活かした教材であれば、私の知る限りではこちらになります。

 >●●●●転売ビジネス レビュー(準備中)



詳しくは、上記のレビューを見て頂ければと思いますが、それぞれの地域で開催されている「フリーマーケット」や「バザー」等、いわゆるリアルな個人売買市場をターゲットにあるものを仕入れていくノウハウを提供してくれる教材です。



どちらかと言えば、せどりと言うよりは一発ネタ的な感は否めませんが、まさに「地域性」を活かした仕入れを行うという点において、転売先はネットを使っていくにしても、「完全在宅」では完結しません。



要するに、仕入れ先にある程度の制限が掛かる為、極端な競合を生まず、さらにその扱っていく商品がヤフオク等で圧倒的需要があるものなので、転売時に多少ライバルが多くても、売れていくという理屈です。



つまり、それ位の手間暇掛けることを受け入れなければ、こういった転売系で実際に「稼げる」情報を手に入れることは出来ないとも言えます。



ただ、そうした「地域性」の問題で実践出来ない人もいらっしゃると思います。

では、そういったものを抜きにして、先程の条件である①と②の「提供者・販売者のメリット」を満たす教材を紹介したいと思います。

厳密に言うと、①に関しては競合を「回避」するのではなく、その競合を「逆手」にとっていくノウハウです。

まあ、そんなノウハウを公開している「物販系」情報やツールは滅多にない、というか、私の知る限りではこの教材一つだけです。

 >次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」 レビュー(準備中)



こちらは、せどりエイターれお☆さんという方が、公開されているノウハウですが、なぜそれが「提供者・販売者のメリット」を満たすことになっているかは、セールスレターに目を通して頂ければ、その理屈に納得できると思います。



論より証拠で、セールスレターをご覧になって頂ければわかりますが、実質的に、そのノウハウの「全容」をありのまま「完全公開」されています。



その中で、せどりエイターれお☆さんは、

「ノウハウを全て公開する事が、私のメリットにもなります。」

ということを書かれています。



この様な謳い文句を掲げている情報商材もたまにありますが、そういったものに限って、その「肝」となる核心部分は、あやふやにしておいて、

「重要なポイントが知りたければ商材を購入して下さい。」

と、結局のところ大半の場合が「有料」で売っているわけです。



これに対して、

せどりエイターれお☆さんの「せどりインサイダー」に関しては、

「ノウハウを全て公開する事が、私のメリットにもなります。」

というのが、ただの「謳い文句」ではありません。



その証拠に、セールスレターの中で、「ノウハウ」に関しては「完全公開」してしまっています。



その上で、せどりエイターれお☆さんは、

「このノウハウを活用して、大いに稼いで下さい。」

とおっしゃっているのです。



ちなみに、その「ノウハウ」だけであれば、レポートとして「無料」提供までしてしまっています。

正真正銘、「無料」で手の内を全て明かしています。

こちらですね。

次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」

次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」無料版



こうして、実際にその「全て」を、しかも「無料」で公開していること自体、

「このノウハウを公開することによって、それを実践する人が増える」

事によって、せどりエイターれお☆さんにとっても「メリット」がある

すなわち「利益」に繫がるのを物語っています。



是非一度、無料レポートかセールスレターを読んでみて下さい。その「理屈」は、「目から鱗」だと思います。



ちなみに、せどりエイターれお☆さんの「せどりインサイダー」には、有料版のマニュアルも用意されています。



こちらは、インフォトップの売上げランキングの常連で、「物販系」情報商材としては、「異例のロングヒット」となっています。



まあ、そもそもノウハウ自体は、「無料」で全て公開されていますから、有料版のマニュアルは、より詳細なリサーチ方法等+「サポート」が主体となっています。

だからこそ「悪評」が広がるはずもないと言えます。



以上、現状で私の知る限り、数ある「物販系」情報で手軽に始められて、

「そのまま実践すれば稼げる情報」

は、

 >●●●●転売ビジネス レビュー(準備中)

 >次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」 レビュー(準備中)

位しかありません。



後は、弱冠ハードルが高そうにみえますが、1回の取引で大きな利益を狙える

三橋宣男さん(横浜貿易株式会社)の

>中古車輸出業の実務講座 レビュー

ですね。

中古車転売と聞くと大抵の人は、敷居が高いように感じると思いますが、そういう「先入観」がほどよく参入障壁となって、過度な競合がない穴場市場です。



冒頭でも述べた通り、 物販系の情報やツールは、本当に「ハズレ」が多いですので、 手に取る際は、上記のポイントを参考の上、十分に注意されて下さい。



それでは、太田でした。



コメントを残す

サブコンテンツ

profile

管理人

name:太田憲一
都内近郊在住、一部上場企業勤務。二児の父親、40代。ふつーのサラリーマンです。

このページの先頭へ