WordPress(ワードプレス)用有料テンプレートの最高峰『賢威+SEO対策マニュアル』松尾茂起氏(株式会社SEMライダー) レビュー

150419_150706


太田です。



ネットビジネス、特にアフィリエイトブログを始めるに当たって、初心者の方がまず初めに直面されるであろう問題、それが、

「どの既存ブログサービスで始めたら良いだろうか?」
「やはり初めからWordPress(ワードプレス)で始めた方が良いだろうか?」


ではないでしょうか?



要するに、初心者の方からすると、

「アフィリエイターとして成功している人は、どの様にブログを運営しているのかを知りたい。」

という事だと思います。



新しいことに取り組んでいくに当たって、そういう視点で考えることも、少なからず重要な事ですし、ブログに限らず「形から入る」という事も大事だと思います。

つまり、これから新しいことに取り組んでいくに当たって、

「成功者と同じ環境を整える。」
「成功者と同じものを使う。」


というアプローチは、ごく自然な流れだと思いますし、ビジネスを進めていく上で、精神的に良い状態を保つ事が出来、何よりモチベーションの面でも有利だと思うからです。



そして、さらに言えば、何かにつまずいた際、

「上手くいかない原因は、何処にあるのか?」

を追求していく上で、その不安要素を少しでも減らすことが出来るからに他なりません。



例えば、開設したアフィリエイトブログのアクセスが伸び悩んだ際に、

「この無料ブログが、はずれ(SEOに弱い)だったんじゃないか?」

と言った、疑心暗鬼に陥るくらいなら、そういう要因を初めから排除しておいた方が、精神衛生上、良いと言うことです。

余計なことでストレスを溜める必要もないですからね。



だからこそ、ブログアフィリエイトの成功者と同じ環境に身を置く、つまり「形から入る」という選択肢も、私は十分アリだと思います。

ただ、これまでの既存ビジネスを見回してみると、その「成功者と同じ環境に身を置く」と言う事が、多くの場合、金銭面や人脈等のコネがない、経験不足などを理由に困難でした。



その点、このネットビジネス業界を見てみると、まさにその

「お金がない。」
「人脈等のコネがない。」
「パソコンスキルがない。」


という所から、成功している人がゴロゴロいます。
(中には、言ってるだけのなんちゃって成功者もいますが。。。)

つまり、その「形から入る」という事が比較的容易なのが、このネットビジネス業界なわけです。



少なくとも、私はネットビジネスに関して、知識も経験も全くの「ゼロ」、当然、もの凄く有名な起業家さんなんかにも全く繋がりもない状態からスタートして、こうしてブログで情報を配信しています。

要するに、特別な能力も人脈も経験もなかったわけです。



もちろん、経済的な面でも、普通のサラリーマンですから、それほど余裕があったわけでもありませんので、これぞという情報商材に絞って購入して、実践してきました。

つまり、私と同じようなサラリーマンであれば、少なくとも「私と全く同じ環境」に身を置くことは、可能なはずです。



まさに「形から入る」という点で言えば、あなたが、今の私と同じ環境を整えることは、難しいことではないはずです。

尚、「形から入る」ことについては、こちらの記事も参考にしてみて下さい。

>「形から入る」「真似る」は、ダメ!?



そういうわけで、今日は、私がこうして、このブログで実際に使用しているWordPress(ワードプレス)用のテンプレートについて、それに付属するSEOマニュアルを含め、レビューしていきたいと思います。



WordPress(ワードプレス)用 有料SEOテンプレート「賢威」+SEO対策マニュアルについて



「賢威」は、1万人以上のユーザーが導入しているとも言われるWordPress(ワードプレス)用の有料テンプレートで、知名度はもちろんのこと、その実力も国内トップクラスです。

WordPress(ワードプレス)自体が、CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)とも呼ばれるブログ構築用ソフトウェア市場におけるシェアで約60%を占めていると言われています。



その為、WordPress(ワードプレス)には、既に、有料はもとより、無料のテンプレートも数多く存在しています。

それにも関わらず、1万人以上のユーザーがブログ運営のために、この「賢威」という有料のテンプレートを導入しているのには、やはりそれなりの「理由」があるわけです。



それは、「賢威」が「SEO対策に強い」ことに他なりません。



SEO対策とは、今やGoogle対策と言っても差し支えないと思いますが、要するに検索エンジンに自分のサイトやブログを上位表示させるために、行う対策の事で、ネットビジネスにおける「集客方法」の基本と言えます。

つまり、検索エンジンからどれだけ多くのアクセスを呼び込めるかが、ネットビジネスでの成功の鍵を握っているとも言えます。



最近でこそ、TwitterやFacebookに代表されるSNSを利用したり、あるいは、PPCに代表される広告等に膨大な費用を投じて、どこからかアクセスを引っ張ってくるような方法もありますが、今でも「集客」の要は、検索エンジンからのアクセスです。

特に、「質の高い」アクセスを多く呼び込みたいのであれば、いまだに検索エンジンからの集客より優れたものは無いのが実情です。



だからこそ、

「狙ったキーワードで自分のブログを検索結果の上位表示させる」

というSEO対策的観点からも、ブログ選びとは言え疎かには出来ません。



その点、この「賢威」というWordPress(ワードプレス)用有料テンプレートは、「SEOテンプレート」と銘打っているだけあって、とにかくSEO対策に強いことが特徴です。

もちろん、SEO対策に強いからと言っても、この「賢威」をテンプレートに使えば、どんなキーワードでも上位表示されるブログになるわけでは、当然ありません。



何しろ、SEO対策は、そんな甘い世界ではありません。では、「賢威」というテンプレートを入れることに、どんな意味があるのか。

それは、キーワード戦略等、後々、同じSEO対策を行っていった際、その対策の効果に違いを生じていくことになるからです。

つまり、それが「テンプレートによる差」になるわけです。



WordPress(ワードプレス)用 有料SEOテンプレート「賢威」がSEO対策に強い理由について



「賢威」というWordPress(ワードプレス)用有料テンプレートが、他に比べてSEO対策に強い理由、それはやはり何と言っても、

「検索エンジンに好まれる綺麗なHTMLソース」

で構成されているからに他ならないと、私は思います。

それは、今、私がこうして運営しているブログで実感しています。



そもそも、SEO対策は2つに大別され一般的には、

内部SEO
外部SEO


と呼ばれており、 私はどちらかと言えば「内部SEO」に重きを置いています。



そんな「内部SEO」を重視している私にとって、使用するテンプレートの「HTMLソースの綺麗さ」は、ブログ運営における最も重要なポイントだと思っています。

尚、内部SEOは、サイト内の構造や構成等によって検索エンジンに好かれやすい(インデックスされやすい)ものにしていくという、言わば内向きなSEO対策の事を指します。



これに対して、外部SEOは、文字通り外部的要素に対して行っていく、言わば外向きなSEO対策の事を指します。



そして一般的に、SEO対策に拘る人の多くが、どちらかといえば外部SEOを重視しています。

つまり、SEO対策に拘っている人ほど、外部SEOに対してより多くの時間と労力、そして時にお金を掛けていく傾向にあるということは、間違いありません。



だからこそ、俗に言う「SEO業者」等は、これまで、まさにこの「外部SEO」に力を入れてきました。

そして、そういう「SEO業者」が行う「外部SEO」の最も代表的な方法が「被リンクを増やす」という方法です。

なぜなら「被リンク」は、地道に時間と労力を費やして作業すれば増やすことが出来るからに他なりません。



ただ、私の現状をお話しすると、そういった「外部SEO」と呼ばれる対策は、ほぼ行っていません。

それは、どこまでが「内部SEO」で、どこからが「外部SEO」なのかという考え方にもよるのですが、

「内部SEOを突き詰めていけば、結果、外部SEOにも良い影響を与える。」

と、私は思っているからです。

裏を返すと、どんなに外部SEOを頑張ったとしても、内部SEOに繫がることはない。と、捉えることも出来ます。



そもそも、内部SEOとは一般的に

・サイトやブログを構成するHTMLソースを検索エンジンに好かれるように「綺麗にする事」
・サイトやブログ内のリンクを「綺麗に張り巡らせる事」


等を指しています。



私は、これにプラスして、記事の「タイトル」やその「内容」なども、内部SEOの一要素として捉えていますので、突き詰めていけば、サイトやブログを構成する「全て」の要素が内部SEOと関連しているとも言えます。



そして現状で言えば、

SEO対策=Google対策

つまり、「Google製検索エンジン対策」と言っても差し支えないと思います。

まあ、その検索エンジンも、言ってしまえば所詮「コンピュータ」ですが、Google製のものは、もはや「人工知能並」と言って良いでしょう。



では、Googleがその検索エンジンに課せられた使命は何だと考えているか。それは、ユーザーによって検索された全てのキーワードに対して

「最も価値のある情報を公開しているサイトやブログ」

を上位に表示していくことに、他なりません。これは、Googleの経営理念をご覧になって頂ければ、明かです。

だからこそ、どの様なSEO対策=Google対策を行っていくにせよ、まずは、このGoogle製検索エンジン開発の原点を常に意識していって下さい。



その上で、世間一般に言われている下記のようなSEO対策について考えて見たいと思います。

「記事は、○○文字以上、書いた方が良い。」
「記事に、○割位の割合で、狙いたいキーワードを入れた方が良い。」
「被リンクをとにかく増やした方が良い。」



まず、「記事は、○○文字以上、書いた方が良い。」というのは、単純に情報量が多い方が、「良い情報を提供しているサイトやブログ」だと検索エンジンに判断してもらえる可能性が高くなるという理由から、その様に言われています。

また、「記事に、○割位の割合で、狙いたいキーワードを入れた方が良い。」と言うのも、そのキーワードが頻繁に出て来るサイトには、それに関連した「良い情報を提供しているサイトやブログ」だと、検索エンジンに判断してもらえる可能性が高くなるという理由からです。

そして最後に、「被リンクをとにかく増やした方が良い。」というのも、特定キーワードで多くのリンクを獲得している方が、「良い情報を提供しているサイトやブログ」だと検索エンジンに判断してもらえる可能性が高くなるという理由に他なりません。



つまり、「本当に価値ある情報をユーザーに提供しているサイトやブログ」を作れば、必然的に文字数や関連キーワードが含まれる割合も多くなりますし、被リンクの数も自然と増えていくはずです。

すなわち、先程のSEO対策=Google対策の「原点」に繫がってくるわけで、やはり、それを見失った対策では意味がありません。



以上の観点から、SEO対策を行うなら、まず「内部SEO」に拘るべきだと私は考えています。そうすれば、おのずと外部SEOにも繫がっていくはずです。

要するに、あまり難しいことは考えず、ユーザーにとって価値のあるサイトやブログを「ガチ」で作っていけば、自然とアクセスは集まってくるものだと言う事です。

これが、現時点で私の考える、ある意味「SEO対策に関する答えの1つ」なわけです。



とは言え、私もただ質の高いコンテンツ作りばかりに、没頭しているわけではありません。

この他に、私が行っている内部SEOとしては、WordPress(ワードプレス)用の有料テンプレート「賢威」を導入している事です。

これが、私の行っている唯一の「技術的」内部SEOと言えば、そうなります。



WordPress(ワードプレス)+有料SEOテンプレート「賢威」

この組み合わせこそが、今、こうしてご覧になって頂いている私のブログの構成なわけです。そして、この業界における名だたるトップアフィリエイターの方々が、その運営するブログに導入しているシステムに他なりません。

尚、WordPress(ワードプレス)って何?と言う方は、こちらの記事も参照ください。

>既存ブログサービスとワードプレス(WordPress)の比較



では、何故「賢威」というテンプレートを導入することが、「技術的」内部SEOになるのか。その点について、もう少し詳しく説明します。



そもそも、WEBサイトやブログは、HTMLソースで構成されています。よって、当然ながら「賢威」等のテンプレートも、HTMLソースで書かれているわけです。

そして検索エンジンは、この「HTMLソースの構成」が、どれ位「綺麗」かを、そのサイトやブログの評価基準の一つとしているのです。



つまり、全く同じ内容の「記事」を、HTMLソースが綺麗なブログと、HTMLソースが汚いブログ、それぞれに投稿した場合、HTMLソースが綺麗なブログが、検索結果に上位表示されやすいと言う事です。

仮に全く同じ内容のコンテンツを作ったとしても、そのテンプレート、つまりサイトやブログを構成する「HTMLソース」によって、検索エンジンからの評価を大きく左右する事になるのです。

すなわち、サイトやブログの「集客力」そのものを左右してしまうわけで、ひいては、「売上げ」にも影響を及ぼして行くことになります。



これは、前述した通り、今や「人工知能並み」の能力を持ったGoogle製検索エンジンとは言え、その中身は所詮、「コンピュータ」だからです。



では、検索エンジン、つまり「コンピュータ」が何をしているかと言えば、世界中に十数億あると言われているWEBサイトから、毎日、せっせと情報を集めて来ているわけです。

そして、ユーザーによって検索されたキーワードに応じて、

「最も価値のある情報を提供しているであろうサイト」

をコンマ何秒というスピードで表示できるように、準備を整えているのです。



その際に検索エンジンが、WEBサイトやブログの良し悪しを判断するのに見ているのは、私達が通常目にしている画面ではなく、あくまでも下記のような、HTMLソースなのです。



<!DOCTYPE html PUBLIC “-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN” “http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd”>



今こうして、あなたが見ているこのブログも、検索エンジンにしてみれば、ただの文字の羅列、すなわちHTMLソースにすぎません。

そして、検索エンジンは、そのHTMLソースを読み込んで、サイトやブログを評価するのに必要な情報を取り出しているわけですね。



その為、HTMLソースが汚い、つまり読み取りづらければ、当然ながらそのサイトは、検索エンジンに高くは評価されません。

折角、質の高いコンテンツを作り込んで行っても、「HTMLソースが汚い」ただそれだけの理由で、検索エンジンからの評価を落としてしまう可能性があるわけです。



もちろん、これは検索エンジンがどの様にサイトやブログを評価しているかの極論ですが、HTMLソースが綺麗か汚いかは、そのような差を生んでいくと言う事なんです。

より質の高いコンテンツを多く用意していけば行くほど、HTMLソースが綺麗なテンプレートを使っているメリットが、効いてくるわけですね。

裏を返せば、HTMLソースの汚いテンプレートを使い続けることは、

「損失以外の何物でもない。」

わけです。



まさに、どちらかと言えば内部SEOに拘っている私にとって、テンプレートのHTMLソースが「綺麗」であることは、非常に重要なポイントでした。

そこで、「HTMLソースが非常に綺麗」と言われているのが、この「賢威」というWordPress(ワードプレス)用有料テンプレートだったというわけです。



この業界における、名だたるトップアフィリエイター達のほとんどが、WordPress(ワードプレス)に「賢威」という組み合わせを選んでいる理由も、この「HTMLソースが非常に綺麗」だからに他なりません。

無論、私がWordPress(ワードプレス)に「賢威」を選んだ理由も、同じです。



そして、今後も私が記事を投稿していく度に、「HTMLソースが非常に綺麗」というそのメリットが活かされていくことになります。

既に24,800円という初期投資額に対して、それ以上のリターンは十分に得られているはずですし、それはこれからもどんどん大きくなっていくはずです。



WordPress(ワードプレス)のテンプレートへ「賢威」を導入するタイミングについて



では、そのSEOに強い有料テンプレート「賢威」をどの段階で、導入すべきかについて、述べたいと思います。



まず、これは当然、考え方にもよるのですが、少なくとも、今ご覧になっている私のブログと同じ環境で「賢威」を利用していこうと思った場合、

・WordPress(ワードプレス)を使えるレンタルサーバー
・独自ドメイン
・WordPress(ワードプレス)のプログラム
・FTPクライアント


が必要になります。また、このうち「レンタルサーバー」と「独自ドメイン」については、少なからず費用が発生します。



これまでも述べたように、「賢威」自体、その価格である24,800円以上の価値があることは、間違いありませんが、それにプラスして諸費用が発生することを考えると、まさにこれからブログを1から始めようとしている人にとってみれば、

「既存ブログサービスではダメですか?」

と考えてしまうのも、当然だと思います。



ただ、SEO対策の知識がない、まさにゼロからのスタートだという初心者の方こそ、「賢威」のように完成されたテンプレートを利用していくメリットが大きいとも言えます。

なぜなら、24,800円を投資してでも、徹底した内部SEOが施されている「賢威」の様な、完成されたテンプレートを導入することで、SEO対策等に貴重な時間や労力を余計に投下する必要がなくなるからです。

つまり、

「貴重な時間や労力を価値あるコンテンツ作りに集中することができる。」

ということです。

特に、私のようなサラリーマンの方であれば、限られた貴重な時間や労力を有効に活用していかなければ、副業で稼ぐことは難しいと思います。



これは、今後、長くネットビジネスを展開していくという視点においても、テンプレート選択1つが、大きな差となって返ってくる可能性があります。

よって、たとえ月々のサーバー利用料等が発生するにせよ、WordPress(ワードプレス)に有料テンプレート「賢威」を導入する価値は、十分にあるということです。



もっとも、私は「集客用」としてFC2ブログを開設し、それと併行で、「教育用」である、今ご覧のWordPress(ワードプレス)を使ったブログを運用しています。

これは、それぞれのブログに求めている役割が違うという事もあります。



ただ、少なくとも、今ご覧になって頂いている「教育用」ブログについては、SEO対策に労力を掛けたくないからこそ、多少の初期投資をし、WordPress(ワードプレス)に有料テンプレート「賢威」という組み合わせで、「コンテンツ重視」の運営をしています。

そう言った経験からも、被リンク対策等の外部SEOに時間や労力を掛けたくない人ほど、「賢威」のような完成されたテンプレートを早い段階で導入する検討をすべきだと思います。

そもそも、逆に考えると鼻からSEO対策に拘れる人であれば、むしろテンプレートに頼る必要はないですからね。



つまり、完成されたテンプレートに頼るべきは、

「SEO対策に拘れない、時間や労力をとられたくない人」

あるいは、

「根本的に何をしていけば良いのかすらわからない初心者層の人」

だと言うことですね。



WordPress(ワードプレス)用 有料SEOテンプレート「賢威」付属のSEO対策マニュアルについて



「賢威」というWordPress(ワードプレス)用有料テンプレートとしての完成度の高さは、前述した通りですが、さらに「SEO対策」そのものについても学ぶことが出来るマニュアルが付いてきます。

そもそも「賢威」というテンプレートのHTMLソースが綺麗なのは、その製作者がSEO対策に強いこだわりを持っているからです。

そして、この様なテンプレートを作り出せることからも、製作チームそのものがSEO対策に精通していると見て間違いありません。



そして、その製作チームである株式会社ウェブライダーさんを率いるのが、同社代表取締役の松尾茂起さんです。



150419_150617


尚、松尾茂起さんはSEOコンサルタントとしても活躍されていて、SEO業者自体を指導したりと、まさにSEO対策のスペシャリストです。



それは、「賢威」というテンプレートが1万人以上のユーザーから選ばれているという実績からも明かですが、そこに付属する松尾茂起さんのノウハウが詰まったSEO対策マニュアルも非常に秀逸です。

このマニュアルが一つあれば、初心者の方から、それこそ上級者の方まで、SEO対策についてしっかりと学ぶことが出来ます。

私が知る限りにおいて、SEO対策の本質となる重要なポイントを無駄なくきちんと押さえたマニュアルの一つだと思います。

まさにこれから、ブログを始めていく方、SEO対策を学びたいという方であれば、最強のWordPress(ワードプレス)用テンプレートと優良なSEO対策マニュアルが手には入って、一石二鳥ではないでしょうか。



尚、そのSEO対策のマニュアルだけをとってみても

・SEOマニュアル(全281ページ)
・内部SEOマニュアル(全186ページ)
・外部SEOマニュアル(全86ページ)


合計553ページというレベルのボリュームです。



もちろん、ただ無駄にボリュームが多いわけではなく、基礎から上級知識までがしっかりと網羅されていますので、SEO対策の本質を学ぶという点において、申し分ない構成となっています。

その一部をご紹介すると

・SEOを成功させるための準備と守るべきルール
・SEOに大切な5つの要素
・内的SEOのおける内的要因を強化する方法
・ソース構成・内部リンクの最適化方法
・外的SEOにおける外的要因を強化していく方法
・コンテンツ・外部リンクの最適化方法
・ナチュラルリンクを効果的に集めるコンテンツプランニング
・SEOを重視したキーワードの選び方とサイト運営の法則


等、私も多くを学ばして頂きました。



SEO対策に強い国内最高峰の
『WordPress(ワードプレス)用有料テンプレート』
 +
SEO対策の第一人者である松尾茂起さんのエッセンスが詰まった
『SEO対策マニュアル』

がセットになって、その販売価格24,800円。

アフィリエイトサイトやブログの運営者であれば、決して高い買い物ではないと思います。



太田憲一「賢威」設定+カスタマイズサポート



まさに、これからブログを始めていこうとされる方で、私より、WordPress(ワードプレス)用テンプレート「賢威」をご購入頂いた場合、

・レンタルサーバー選びから契約
・WordPress(ワードプレス)の設定
・テンプレート「賢威」の導入


それらの作業等に躓いてしまった場合は、私の方にご相談頂ければ、サポートにも応じさせて頂きます。

設定後のカスタマイズ等に関するご相談でも構いません。



少なくとも、今まさにご覧頂いているこのブログのようなカスタマイズであれば、私の方でも、対応させて頂くことが出来ますので、WordPress(ワードプレス)や、そのテンプレートである「賢威」の設定に迷われた際は、お気軽に私の方にメールを頂ければと思います。可能な限り、あなたのお手伝いをさせて頂きます。



WordPress(ワードプレス)用 有料SEOテンプレート「賢威」で「最高で最適なスタート」を切って下さい。



私はプロフィールにあるとおり、普通のサラリーマンとして平日はフルタイムで仕事をこなし、育児に追われる毎日を過ごしています。

その隙間時間や休みを利用し、副業アフィリエイターとして活動しているわけですね。



ですので、そう言ったサラリーマン目線で、自分が実際に使って価値があった教材、あるいは自分自身が交流させて頂いている信頼できる方の教材以外は、絶対にオススメすることはありません。

つまり、私が「これは価値がある!」として紹介させて頂く教材は、私自身、それを活用しているものが、ほとんどです。



そして、私を信じてオススメする教材をご購入下さった方を絶対に裏切るようなことはいたしません。

私から1つでも、何かしらの教材をご購入下さった瞬間から、あなたを同じ教材を元にビジネスを進めていく仲間だと考えています。



私は、私を信じてくれた全ての人と共に、これからもネットビジネスで稼いでいきたいと思っています。

だからこそ、信頼を裏切るようなことはしたくありません。



もちろん、あなたにこのサイトから教材を購入頂いても、私に入ってくるお金は、それほど大きい金額ではありません。

しかし、金額の大小ではなく、あなたがまさにこれからネットビジネス業界で活動を始めていこうという方であれば、その「最高で最適なスタート」を切るお手伝いをさせて頂きたいのです。



無論、既にネットビジネス業界で活動されている方も含めてメールサポート等の体制を含め、真剣に対応させてもらいます。



 >SEOテンプレート賢威のご購入はこちら<



コメントを残す

サブコンテンツ

profile

管理人

name:太田憲一
都内近郊在住、一部上場企業勤務。二児の父親、40代。ふつーのサラリーマンです。

このページの先頭へ