既存ブログサービスとワードプレス(WordPress)の比較



太田です。



今日は、新たにブログアフィリエイトを始めるに当たって、比較的多くの人が直面するであろう問題、既存ブログサービスとWordPress(ワードプレス)どちらを利用してスタートしていくべきかについて、取り上げたいと思います。



WordPress(ワードプレス)って何?



まず、ご存じない方の為に説明しますと、ワードプレス(WordPress)とは、いわゆるオープンソースと呼ばれるブログ構築用ソフトウェアで、CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)とも言われています。

要は、WEBサイトを管理・更新が簡単にできるシステムのことを言い、ソース自体は下記のURLから、誰でも無料で入手することが可能です。

http://ja.wordpress.org/

ただし、そのソースだけでは、何もすることが出来ません。



それを使うためには、WordPress(ワードプレス)に対応したレンタルサーバーとドメインが必要になってきます。

つまり、自分でレンタルサーバーを契約し、ドメインを取得した上で、WordPress(ワードプレス)のソースをインストール、設定をしなければ、ブログを書き始めることすら出来ないと言うことですね。

裏を返せば、「サーバー」と「ドメイン」さえ用意すれば、誰でも利用できて、今ご覧になっている私のようなブログを、簡単なインストール作業で構築出来てしまうのが、WordPress(ワードプレス)の特徴でもあります。

しかし、ネット知識が「ゼロ」という様な人にとってみれば、この時点で、ハードルを高く感じてしまうようです。



ただ、少なくとも「サーバー」を借りて「ドメイン」を用意し、WordPress(ワードプレス)をインストールする程度であれば、そういったスキルが「0」という人でもGoogle検索で調べながら、十分に出来るレベルの作業です。

むしろ、この程度の作業を「出来ない。」と避けて通ろうとするのであれば、ネットビジネスで稼ぐこと自体を諦めた方が良いかもしれません(笑)。

要は、それ位、簡単な作業ですし、これから紹介するメリットを考慮すれば、作業の手間以上のリターンは必ずありますので。



そんなWordPress(ワードプレス)ですが、インストール後は専用の管理画面で、ブログのカスタマイズや記事の投稿等を行う事が出来ます。

この点は、アメーバブログに代表される既存ブログサービスと同じ様な感覚で、普通にブログの運営を開始出来るというわけです。

つまり、初期設定さえ出来れば、使い勝手はさほど変わりませんので、怖がらずに、WordPress(ワードプレス)にも是非、挑戦してみて下さい。



既存ブログサービスとWordPress(ワードプレス)どちらで始めるか?



いざブログアフィリエイトを始めようとした際、現状考えられる選択肢として、

・アメーバブログを代表とする既存ブログサービス(無料・有料)を利用する
・WordPress(ワードプレス)を代表とするCMSを利用する


この2つになります。

どちらにもメリット、デメリットはあるのですが、それぞれのポイントを簡単にまとめると、こんな感じになります。



既存ブログサービスのメリット・デメリット



【メリット】

・簡単なアカウント登録ですぐにでもブログが始められる
・カスタマイズ等が比較的簡単に行える
・無料ブログであれば一切お金がかからない
・検索エンジンへのインデックスが早い



【デメリット】

・運営側の規約に触れるとブログを削除されるリスクがある
・割り当てられるサーバーによってSEO上の当たり外れがある
・ブログサービスによっては広告が挿入される



ワードプレス(WordPress)等CMSのメリット・デメリット



【メリット】

・ブログを削除されるようなリスクはほぼ「0」に等しい ・広告なども一切挿入されない



【デメリット】

・レンタルサーバー代・ドメイン等の必要経費がかかってくる
・新規ドメインだと検索エンジンへのインデックスが遅い



既存ブログサービスとWordPress(ワードプレス)の比較



上記、それぞれのメリット、デメリットを踏まえた上で、既存ブログサービスとWordPress(ワードプレス)を比較したいと思います。



まず、このメリット、デメリットだけを一見すると、既存ブログサービスの方が、メリットが大きいように感じるかもしれません。

やはり、これからネットビジネスに取り組んでいこうとしている人にとってみれば、とにかく「簡単」に始められる事に越したことはありませんし、あまり「お金を掛けず」にスタートできるというのは、大きなメリットです。



ただ、この業界の現実をお話しすると、トップアフィリエイターやいわゆるアルファブロガーと呼ばれる、多くのアクセスを呼び込んでる人達のほとんどが、WordPress(ワードプレス)を使っています。

当然、中にはアメーバブログに代表される既存ブログサービスを利用している人もいますが、そういう人達も、その多くがWordPress(ワードプレス)を使ったメインブログを別に運用しています。

つまり、アメーバブログ等の既存ブログサービスは、集客用あるいは対メディア用等として使い分けていると言う事です。



では、トップアフィリエイター達にWordPress(ワードプレス)がそれだけ支持される理由は、何でしょうか?

それは下記の2点、

・ブログを削除されるようなリスクはほぼ無いに等しい。
・SEO対策に強い「テンプレート」がリリースされている。


という理由が大きいと思います。



ブログを削除されるようなリスクはほぼ無いに等しい。

先程、述べた通り、既存ブログサービスを利用していると、運営側の規約に抵触した場合、そのさじ加減1つで、いきなりブログを削除されてしまうリスクがつきまといます。

もし、ご自身のアフィリエイトブログに多くのアクセスを集められるようになっていたり、毎月数百万という収益が上がるようになっているのであれば、当然、それを削除される可能性について限りなく「0」にしたいのが、人情というものです。



万が一にも、そういったアフィリエイトブログを削除されてしまっては、それまでの苦労が、全て水の泡にもなりかねませんからね。

だからこそ、トップアフィリエイター達は、月に数百円から数千円程度のレンタルサーバー利用料など、安いものだと考え、リスクヘッジの為に、既存ブログサービスではなくWordPress(ワードプレス)を利用しているのです。



そして、トップアフィリエイターにWordPress(ワードプレス)が支持されているもう一つの理由。

SEO対策に強い「テンプレート」がリリースされている。

私も実際に、このブログで利用しているそのSEO対策に強いWordPress(ワードプレス)用有料テンプレートが、こちら

>SEOに強い戦略的WordPress(ワードプレス)用有料テンプレート「賢威」



WordPress(ワードプレス)用 有料SEOテンプレート「賢威」について



1万人以上のユーザーが選んだWordPress(ワードプレス)用有料SEOテンプレートのロングセラーそれが、株式会社SEMライダーさんが販売する「賢威」です。

無料のWordPress(ワードプレス)用テンプレートも数多く存在する中、24,800円という有料テンプレートであるにも関わらず、1万人以上ものユーザーが導入しているという圧倒的な実績を誇っています。



その理由は、先程から述べている通り、他でも無く、とにかく「SEO対策に強い」という一点に尽きます。

SEO対策というのは検索エンジンの上位表示対策、つまり、今となってはGoogle対策と言っても差し支えないと思いますが、ブログやサイトへの「集客」は、これが基本となってきます。

要は、いかに検索エンジンからのアクセスを引っ張ってこれるかが、ネットビジネスでの成功の鍵を握っていると言う事です。



今でこそ、TwitterやFacebookに代表されるSNSや、PPC広告等で、お金を掛けてアクセスを引っ張ってくるという方法もありますが、質の高いアクセスを集めるという意味では、やはりまだまだ検索エンジンからの集客が、その要となってきます。

つまり、

狙ったキーワードで、いかに自分のブログを検索エンジンの上位表示させられるか。

という事ですので、これから末永いお付き合いになるブログサービス選びに、SEO対策という観点を抜きには、考えられません。



その点において、しつこいようですが、「賢威」というWordPress(ワードプレス)用有料テンプレートは、とにかくSEO対策に強いのが特徴です。

もちろん、この「賢威」をテンプレートを使いさえすれば、どんなキーワードでも、サイトが上位表示されるようになる程、SEO対策は、甘い世界ではありません。

しかし、キーワード戦略等、後々、同じSEO対策を行っていった際、その対策の効果に違いを生じていくことになります。

つまり、それが「テンプレートによる差」でもあるわけです。



では、何故「賢威」というテンプレートがSEO対策に強いのか。

ただ、それを理解するには、そもそも「SEO対策」と言うものが何なのかという知識が多少なりとも必要になってきますので、そのあたりも掘り下げてみたいという意欲的な方は、こちらの記事も、併せてお読み頂ければと思います。

>SEO対策の基本的な考え方とその方法について
 +WordPress(ワードプレス)有料テンプレート「賢威」



尚、ここで勘違いして欲しくないのですが、SEO対策の知識が無ければ、「賢威」というテンプレートを使う意味が無いというわけではありません。

むしろ、SEO対策に関する知識がない、あるいはそういったことに不毛な時間や労力を費やしたくない人ほど、徹底した内部SEO対策が施されている「賢威」の様なテンプレートを使っていくべきだと、私は考えます。



かく言う私も、そういったことに時間や労力を掛けたくなからこそ、こうして「賢威」を使って、このブログを運営しているわけです。

結果、それが実績に結びついていると思いますので、SEO対策に時間や労力を掛けたくないのであれば、手っ取り早く、「賢威」の様な優れたSEO対策テンプレートを導入するメリットは十分にあると思います。

そもそも、SEO対策に関して豊富な知識があり、そこに拘れるような人ならテンプレートになんか頼る必要はありませんしね。



また、「賢威」には、そのSEO対策に関するマニュアルが付属していて、十分にその基本を学ぶことが可能です。

そのマニュアルだけをとっても、かなり質の高いものになっていますので、これからSEO対策も学んでいこうという人にとっては、SEO対策に強いテンプレートと一緒に、それが手に入ると言うことも、大きなメリットだと思います。

ちなみに、そのSEO対策マニュアルの内容等も含め、「賢威」については、こちらの記事で詳しくレビューしています。

>WordPress(ワードプレス)用有料テンプレートの最高峰
 【「賢威」+SEO対策対策マニュアル】 レビュー



既存ブログサービスについて



WordPress(ワードプレス)と、その有料テンプレート「賢威」の話は、この程度にして、それに対する既存ブログサービスについて、もう少し、補足説明したいと思います。

既存ブログサービスとWordPress(ワードプレス)それぞれのメリット、デメリットは前述したとおりですが、

・運営側の規約に触れるとブログを削除されるリスクがある

という1点を除けば、既存ブログサービスの方が、割とわかりやすいメリットがあると言えます。

・簡単なアカウント登録ですぐにでもブログが始められる
・カスタマイズ等が比較的簡単に行える
・無料ブログであれば一切お金がかからない
・検索エンジンへのインデックスが早い


等ですね。



これからブログアフィリエイト等を始めるという人であれば、レンタルサーバーの契約や、ドメインを用意したり等の手間を考えれば、既存ブログサービスを利用していく方が、はるかに簡単にそのスタートを切ることができます。その上、特に先立つ費用も掛かりません。

また、デメリットの一つであるブログを削除されてしまうというリスクについても実際のところは、それほど頻繁にあるような事でもありませんので、そこまで気にする必要もないと言えます。



そういった意味で、既存ブログサービスを使っていくのもアリですが、ただ、割と多くのサービスが存在していますので、その中でも、ブログアフィリエイトを行っていくのに推奨できるのは、下記の3つです。

FC2ブログ : http://blog.fc2.com/

JUGEM : http://jugem.jp/

ライブドアブログ : http://blog.livedoor.com/guide/plan.html



逆に、あまりオススメ出来ない有名どころとしては、

アメーバブログ : http://blog.ameba.jp/

Seesaaブログ : http://blog.seesaa.jp/

です。

Seesaaをオススメしていないのは、経験上、SEOにあまり強くない傾向にあるからです。

また、アメーバブログは、元々「アフィリエイト禁止」を謳っていますし、いきなりブログを削除されたという話を、割と良く耳にしますので。



これ以外にも、GoogleのBloggerやYahoo!のヤフーブログ、ブログゥ(blogoo)等のサービスがありますが、やはり、既存ブログサービスでブログアフィリエイトを行っている人を見ると、上記の3サービス、特にFC2ブログを利用されている人が多いようです。

かく言う私も、集客用としてFC2ブログを利用していますので、良かったら、そちらも覗いてみて下さい。

>STRESS FREE Annex



尚、FC2ブログは、私が実際に運用していて、使いやすさとSEOの面で、特に不満を感じていない為、推奨サービスとして挙げています。

また、JUGEM、ライブドアブログについても知り合いが利用していて悪い話を聞かないので、普通にオススメできます。



ただし、これは人によっては全く違う意見の人もいますので、行っているSEO対策や記事の書き方等によって変わってくる可能性もある為、参考程度に留めておいて下さい。



既存ブログサービスとWordPress(ワードプレス)比較まとめ



既存ブログサービスとWordPress(ワードプレス)の比較について、まとめます。



私としては、ネットビジネス初心者の方が、アフィリエイトブログを1から始めるなら、まずは既存ブログサービスからスタートしたので良いと思います。

しかし、私のブログを読んでくれている方から時々、

「初めからWordPress(ワードプレス)では、だめですか?」

というご質問を頂くこともあるのですが、そういう方に対しては、あえて「既存ブログサービスから始めた方が良いです。」とは、言いません。



その理由としては、「形から入る」「真似る」ことも、何かを始める上で、有効な手段だと思うからです。

>「形から入る」「真似る」は、ダメ!?



つまり、新しいことに取り組んでいくに当たって、

「成功者と同じ環境を整える。」
「成功者と同じものを使う。」


というアプローチは、精神的に良い状態を保てますし、何よりモチベーションの面でも有利だと思うからです。



そして、さらに言えば、何かにつまずいた際、

「上手くいかない原因は、何処にあるのか?」

を追求していく上で、その要因を少なからず絞り込むことが出来るからに他なりません。



例えば、開設したアフィリエイトブログのアクセスが伸び悩んだ際に、

「この既存ブログサービスが、はずれ(SEOに弱い)だったんじゃないか?」

と言った、疑心暗鬼に陥るくらいなら、そういう要因を初めから排除しておいた方が、精神衛生上、良いと言うことです。

余計なことでストレスを溜めるのも、バカバカしいですからね。



事実、実績を上げているトップアフィリエイターの多くが、WordPress(ワードプレス)に「賢威」のテンプレートを入れていることは、前述したとおりです。

そんなブログアフィリエイトの成功者と同じ環境に身を置く、つまり「形から入る」という選択肢も、私は十分アリだと思います。

今後、アフィリエイトブログを運営していくにあたって、なかなか上位表示されないのは「既存ブログサービスのせいなのではないか?」等と言った、出口の見えない不安を抱えるくらいなら、素直に成功者達と同じ環境を手っ取り早く整えてしまう方が、長い目で見れば、メリットの方が大きいはずです。



むしろ、ブログアフィリエイトで「必ず稼いでやる。」という強い意志があるのであれば、デメリットはないはずです。

何せ、WordPress(ワードプレス)自体は無料ですし、「賢威」のテンプレートを買ったとしても、せいぜい2万円ちょっとです。

実際には、間違いなくその投じた金額以上の費用対効果を得られるテンプレートだということです。

>WordPress(ワードプレス)用有料テンプレートの最高峰
 【「賢威」+SEO対策対策マニュアル】 レビュー


巷に出回っているくだらないアフィリエイトノウハウに手をだすくらいであれば、その効果は歴然です。



もし、そう言った先行投資すら渋っているのであれば、少し考えを改めた方が良いかも知れません。

ブログアフィリエイトで「絶対に稼いでやる!」という意志を固めることも、ビジネスで成果を出していくには、必要ですからね。

何を始めるにあたって、「退路を断つ」わけではないですが、やはり、全くリスクを負わないよりも、良い意味での緊張感を保てるはずです。

「どうせ無料ブログだから、いつ止めても損はしないや。。。」

という心構えでは、どんなビジネスをやっても上手く行くはずがありません。



そうならない為に、多少なりとも先行投資して環境を整えてしまうのも、悪くないと私は思います。

しかも、今後の人生を左右するような金額ではないですからね。

まあ、もっとも私自身は、既存ブログサービス(FC2ブログ)から入って、その後、WordPress(ワードプレス)を使い始めた口ですが、それでも他のことにそれなりの先行投資をして、「絶対に稼いでやる!」という背水の陣(そこまで大袈裟でもないですが。)で、このビジネスを始めました。



以上、そういう視点も含めて既存ブログサービスとWordPress(ワードプレス)、どちらでアフィリエイトブログを始めるかを検討してみても良いと思いますよ。

もし、ブログアフィリエイトのスタートラインに立って、そんな感じで何かに迷われているなら、私でもよければお気軽にご相談下さい。



それでは、太田でした。



コメントを残す

サブコンテンツ

profile

管理人

name:太田憲一
都内近郊在住、一部上場企業勤務。二児の父親、40代。ふつーのサラリーマンです。

このページの先頭へ